主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

重曹を使ってシンクに染みついた茶渋汚れをお掃除!(前後画像あり)

重曹


アマゾンで金額を確認

重曹の説明

今回、使用するのはTVのお掃除特集でもおなじみの重曹です。弱アルカリ性の性質を持ち、研磨効果や消臭効果もあるので台所やお風呂の掃除、お洗濯など色んなところで活躍してくれます。重曹を使えば、中性洗剤とスポンジだけでは落とせない厄介なお鍋の焦げ付きやコンロやシンクの水垢汚れもすぐにピッカピカになりますよ。

ちなみに、重曹には、工業用・食品添加物・医薬品用の3つのグレードがありますが、私が普段使っているのは写真の通り、食品添加物(食品にも使用できるグレード)です。我が家では重曹でバスボムも作るので、万が一、お風呂の水が口に入っても良いように食品用の重曹にしています。写真の商品は、粒が細かくサラサラで、目で確認できるレベルでは不純物もなく、いつも気持ち良く使っています。

出典:ladycate.com

今回、重曹でキレイにする場所

写真は、シンクに染みついた茶渋汚れ(+重曹)です。毎日朝、紅茶を飲んでは、三角コーナーに捨てて、茶殻自体は夜に回収しているのですが、回収するまでの間に茶殻からお茶の成分が流れ出ていってしまうんですね。ちょうど写真に写っている部分より上側に三角コーナー、左側に排水溝があるため、シンクの中でも特に汚れが酷いことになっています。

シンクの掃除も毎日やっていれば問題ないのですが、ついつい放置してしまうせいで、中性洗剤とスポンジでは落ちない頑固汚れに変化しています。そこで登場するのが重曹です。重曹には、汚れ落とし効果に加えて研磨効果があるので、こういったシンクの水垢・茶渋汚れやお鍋の焦げ付きも楽々落とせてしまえるので重宝しています。

重曹の使い方

掃除に使用するものは、重曹(大さじ1~2)とスポンジまたは歯ブラシなどの磨くものだけです。写真の通り、落ちにくい汚れに重曹を振りかけ、水で濡らしたスポンジや歯ブラシで上から擦ります。通常の台所用中性洗剤とスポンジでは落ちにくい汚れも、これだけで綺麗に落とせます!

水垢・茶渋汚れ以外に、お鍋の軽い焦げ付き汚れもこの方法ですぐに落とせます。しかも、擦るといっても力をこめて長時間ゴシゴシ擦り続ける必要がないのでとっても楽ちんです。また、茶こしやティーポットの注ぎ口、排水溝など手で直接磨きにくい所に付いた汚れも、クエン酸と重曹を次のように使うことで簡単に落とせます。

1.洗いたい物を大きな容器に入れ、水またはぬるま湯に浸します。
2.クエン酸(大さじ2)を入れます。
3.重曹(大さじ1)を入れます。
4.泡が出てくるのでしばらく待ちます。
5.泡が落ち着いたら、洗い物を取り出し、水ですすぎます。

こうすると、擦らなくても泡の力で汚れが浮き、水ですすぐだけで簡単に落ちる状態になりますよ。

出典:ladycate.com


アマゾンで金額を確認

重曹の結果

写真の通り、茶渋汚れがくっきり残っていたシンクが綺麗になりました。シンクの汚れ落としに手間がかからなかったので、左側に少し移っている排水溝の淵の汚れもついでに落としています。ちなみに、掃除前の写真の状態から掃除後の状態にするのに1~2分ぐらいしかかかりませんでした。

掃除後の写真に写っているピンクのスポンジが今回使用したスポンジです。100均で6つセットで購入したもので、研磨剤も付いていないただのスポンジですが、重曹をつければあっという間にシンク全体を綺麗にしてくれます。

なお、重曹の成分炭酸ナトリウムは、皮膚についても少量なら特に問題ありませんが、多量に付着したり、長時間肌に付着したまま放置していると肌荒れを引き起こす事があるのでご注意ください。特に、敏感肌の方はゴム手袋を装着した上で掃除されることをおすすめします。

今回のまとめ

今回、私が使用した「旭硝子製 重曹 1kg(炭酸水素ナトリウム)食品添加物(食品用)国産重曹[01] NICHIGA(ニチガ)」は、Amazonで販売されている食品用重曹の中では最も安い部類の商品です。ちなみに、私が購入した時は、送料無料(ゆうメール配送)で1kgが430円未満でした。

お値段控えめなだけではなく、パッケージがチャック付き・底面部分が広がっていて自立するようになっているなど、使いやすいように配慮されているところも気に入っています。

工業用の重曹であれば他に安い商品はありますが、食品用としても使用される方や小さなお子さんがいらっしゃるご家庭で使用するならば、こちらの商品をおすすめします。我が家のようにバスボムに使う場合も、誤ってお風呂の水が口に入ってしまうことも考えられるので、なるべく食品用のものを使用した方が良いと思います。

重曹は、今回ご紹介したシンクの水垢・茶渋汚れ落としの他に、鍋の焦げ付き汚れを落としたり、お風呂に入れて肌を綺麗にしたり、クエン酸やレモン汁と混ぜて炭酸水を作ったり、洗濯に使用したり、消臭剤として使ったりと様々な用途に使えるので、ネットで使い方を調べながらあれこれ試してみるのも楽しいですよ。まだ使ったことがないという方は、ぜひ一度お試しください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA