主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

アルカリウォッシュのご紹介とクチコミピックアップ

アルカリウォッシュ


アマゾンで金額を現在の確認

アルカリウォッシュの説明

キッチンの油汚れやお風呂のヌメリ、衣類やシーツに付いた血液汚れ……大掃除の度、こんなしつこい汚れにうんざりしていませんか?そんな方におススメしたいのがこの「家庭用ソーダ アルカリウォッシュ」です。成分としては「セスキ炭酸ソーダ」という重曹と炭酸塩の中間の物質で出来ています。

アルカリ性の重曹を掃除や洗濯に使うと油汚れや皮脂汚れがよく落ちる、という話を聞いた事がある方も多いと思いますが、このアルカリウォッシュに使われているセスキ炭酸ソーダも、重曹より少し強いアルカリ性なので油や皮脂汚れ、血液汚れをよく落としてくれます。しかも、重曹とは違って水に溶けやすいという性質を持っているので、水に溶かしてスプレーに入れて手軽に使うことが出来ます。これ一つでキッチン・リビング・洗面台の掃除、衣類やシーツの皮脂・血液汚れ落としなど色々な場面で活躍してくれます。

出典:ladycate.com

アルカリウォッシュのメリット

1.軽い油汚れ・タンパク質(皮脂・血液)汚れが落ちやすい

2.水に溶かして使える

3.市販の血液汚れ用洗剤やアルカリ性リビング用洗剤に比べて安い

4.キッチン・風呂・リビング・洗濯など色々な場面で使える

5.比較的肌荒れしにくい

冒頭でも書きましたが、アルカリウォッシュの成分であるセスキ炭酸ソーダは、重曹と同じアルカリ性の物質で、油・皮脂・血液などの酸性の汚れを落とすのが得意です。しつこいガスコンロ・シンク・食器に付いたべたつき汚れも、Yシャツの襟もとに付いた黄ばみも、寝具に付いた血液汚れもアルカリウォッシュの水溶液を拭きつけておいたり、つけ置きしておくだけで落ちやすくなります。

そういった汚れ専用の市販の洗剤も売っていますが、アルカリウォッシュを購入して使用した方が安価なことが多く、また、これ一つだけで色々なところに使用できるので掃除用品をあれこれ買わずに済みます。

また、洗浄力が強い割には、塩素系漂白剤のような洗剤に比べて比較的肌荒れしにくいという特徴もあります。ただ、あくまで「比較的」なのでお肌が弱い方は、使用後に手を洗ってクリームなどで保湿したり、ゴム手袋をつけた上で使用するなど注意してくださいね。

アルカリウォッシュの効果

お掃除で苦労しないコツは、小まめに掃除すること。よく言われますが、わかっていてもなかなか出来ないですよね。

特にキッチン周りはすぐに油・皮脂汚れが付くのでその度に時間かけてお掃除するのは大変です。そして、放置しているうちに汚れがこびりついてしまってますます掃除に取り掛かるのが億劫に、という悪循環に陥りがちです。

私がキッチン周りの掃除に取り掛かれない理由の一つが、掃除用具の使いにくさにありました。よく、シンクの掃除に良いと言われる重曹ですが、「水に溶けにくい」という欠点があります。そのため、重曹を掃除に使う時は掃除する場所に振りかけてからブラシなどで擦る必要があるんですよね。普段のお掃除では、この「振りかけて擦る」という手間が結構面倒でガスコンロ周りの油汚れは放置しがちでした。

でも、水に溶けやすいアルカリウォッシュなら、水に溶かしてスプレーに入れて水回りに置いておけるので、思い立った時にすぐに掃除場所に吹きかけられます。炒め物をした後に、ガスコンロの油汚れが気になったらその場でスプレーして、数分後にスポンジやキッチンペーパーで拭き取れば良いので小まめな掃除もそんなに負担になりません。

また、アルカリウォッシュの水溶液入りスプレーを一つ作っておけば、台所・洗面台・風呂場・リビングの掃除すべてに使えるので、あれこれと専用クリーナーを買いそろえる必要がなくなりました。普段のお掃除を手軽に、シンプルにできるので小まめに掃除しようという気になりやすいですし、そうやって掃除をするようになってからは、大掃除の時の負担も大分減りました。

出典:ladycate.com

アルカリウォッシュの使い方

・アルカリウォッシュの水溶液を使った台所周りの掃除の仕方

1.水500mlに5gのアルカリウォッシュを溶かし、スプレー容器に入れます。

2.軽くスプレー容器を振ってから汚れにスプレーし、数分待ちます。

3.布やメラニンスポンジ、キッチンペーパーなどで水溶液ごと汚れを拭き取ります。

アルカリウォッシュの濃度は、汚れ具合や用途に合わせて調整してください。蛍光灯の傘など、水が垂れると困る部分を掃除する際は、布やスポンジにアルカリウォッシュの水溶液を吹き付けてから拭き取り掃除すると良いですよ。

このアルカリウォッシュの水溶液には、他にも衣類の襟や袖の汚れにスプレーしたり、衣類や寝具についた血液・皮脂汚れをつけ置きしたりと色々な使い方があります。アルカリウォッシュの外袋にも使い方が載っていますし、ネットでも「セスキ炭酸ソーダ」で検索すると色々な活用術が出てくるので、参考にしてみてください。

アルカリウォッシュの値段

Amazonでは、アルカリウォッシュ1kgが大体1,000円以下で購入できます。アルカリウォッシュ5gで500ml分の水溶液が作れると考えると、市販のシンク・リビング用のスプレータイプのクリーナーや血液汚れ用洗剤(300~400mlで200円~300円)よりかなり安いですよね。(※)

また、市販のものだとリビング用クリーナー、シンク用クリーナー、血液用洗剤と別々に買いそろえる必要がありますが、アルカリウォッシュなら使い方次第で1つで何役もこなせます。更に、粉の状態ならば、湿気さえ避けておけば長期保存できるので、まとめ買いしても無駄にしにくいというメリットもあります。

市販の専用クリーナーや洗剤の方が汚れ落とし効果は高いかもしれませんが、普段のお掃除に使うなら、コスパの良いアルカリウォッシュの方をおススメします。

※価格は2018年1月現在のAmazonのものを参考にしています。

アルカリウォッシュの良いクチコミピックアップ


アマゾンで金額を現在の確認

アルカリウォッシュの悪いクチコミピックアップ


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA