主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

2歳の子が夜泣き復活!?夜驚症かも!3つの対策で乗り切ろう!

2歳の子が夜突然、泣き叫ぶようになった。夜泣き復活かしら?と困っているあなた。それはひょっとしたら夜驚症かもしれませんよ。

2歳以上からでてくる夜泣きは夜驚症かも

夜驚症は、夜泣きと同じく、睡眠障害の一つです。

2歳ぐらいの子供から、小学生ぐらいまで症状が続く子もいますが、大人になると自然と無くなります。

夜寝ているときに、起きて何かに驚いたように大声を出したり、暴れたりする症状です。

 

夜泣きとの違いは、本人は起きているということです。深い睡眠から一気に起きた状態になるので、頭の一部分しか起きていない状態になります。

そのためこちらからの呼びかけにも答えられないこともあります。筆者の子供も、2歳半ごろに、そういうことがありました。夜中に、いきなり起きだして、「いや、いやー、やだやだ」とべそをかきながら、暴れていました。今から思うとあれは夜驚症だったのですね。

夜驚症への対応の仕方

夜、起きて声をあげたり、暴れるような症状が出たときに、怒鳴りつけても効果がありません。かえってパニックを起こすこともありますので、気を付けましょう。

 

夜驚症に対応するときの3つのポイントをあげます。まず1つ目は「そっと見守る」です。子供が落ち着くようでしたら、抱っこしたり、背中をなでたりするのも効果的です。

しかし、子供によっては、それを嫌がって暴れてしまうこともあるので注意が必要です。自然と落ち着くまで待つしかありません。

夜驚症には原因があることが多い

その2は原因を探して対処する、です。

夜泣きとは違って、夜驚症はそうなる原因がある場合もあります。怖い体験をしたり、怖いテレビをみたりした、などのようにわかりやすい原因もあります。

 

しかし、大人から見ると大したことではなくても、子供からすると、「怖い」「いやだ」と思う体験もあるのです。たとえば、子供が寝る部屋にあたらしい人形を置いた、寝る位置を変えた、お隣で犬を飼い始めた、などです。

何か今までと変わったことはないか、考えてみて思い当たるところがあれば、対処してみましょう。

それで、少し収まるかもしれません。

大人になるまでのこと

その3は、周りへの根回しです。

夜驚症はねぼけなどと同じように大人になると、収まる場合がほとんどです。ただ、夜中に大声を出すことから、近隣の方にご迷惑をかけたり、

虐待と間違われたりすることは考えられます。ご近所、特に集合住宅の場合は、上下の部屋にも事情を話しておくとよいでしょう。

根回しをしておくことで、心に余裕がうまれ、子供への対応もおおらかになります。

いつかは収まるもの

突然、夜中に騒がれるのは、親もつらいものです。ですが、いつかは収まるもの、と思って乗り切ってください。どうしてもつらいときには、育児相談などで話をきいてもらうのもいいですよ。筆者もその時は辛かったですが過ぎ去ってしまえば懐かしいこととなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA