主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

鼻づまりは寝方で解消出来るか?そもそもの原因を知って対策を!

筆者は最近鼻づまりのせいで寝られない日々が続いています。

鼻づまりを解消するにはどうしたらいいでしょうか。寝方の問題なのでしょうか。

このつらさを解消するために調べたことをまとめます。

鼻づまりを解消させる寝方

まず鼻づまりそもそもの原因にどんなものがあるか見ていきます

・風邪

・アレルギー性鼻炎(花粉症含む)

・鼻中隔弯曲症

・自律神経の乱れ

・首筋の硬直

・鼻中隔弯曲症

・鼻に出来るポリープ

・アデノイドの腫れ

どの原因も鼻腔が狭くなる事に繋がるため鼻づまりが起こるようなので

鼻腔を狭くするような寝方をすると悪化させる事に繋がります。

 

就寝時については布団にもぐったりうつ伏せや鼻を上に向けた状態で寝てしまうと

鼻腔が狭くなったり鼻水が喉に逆流してしまうため苦しくなってしまうようです。

水分不足や乾燥、枕の高さが低すぎても鼻づまりの原因になります。

一番良い寝方は横向けなど鼻が下を向くように寝る事だそうです。

なるほどです。

 

どんな疾患や寝方であれど鼻腔を狭くさせてしまうのが

不快に繋がってしまうのですね。

では、鼻づまりはどうしたら解消するのでしょうか。

鼻づまり解消法

1,鼻に蒸しタオルを当てる

ハンドタオルを水で湿らせ、レンジで20~30秒加熱します。

温まったタオルを鼻に3~4分当てると空気の通りが良くなるようです。

その後鼻を噛むとなお良いようです。

2,メンソール配合のクリームを塗る

鼻に直接塗ってしまうと慢性鼻炎になってしまい

更に悪化する場合があります。

3,ツボを押す

小鼻の両脇を指の腹で押しながらぐりぐり回転させます

4,ペットボトルを脇にはさむ

鼻が詰まっている側の反対の脇に挟みます。

それにより圧迫している側とは反対の側面の交感神経が刺激されるため

鼻づまりが解消されるようです。

5,鼻うがい

筆者はこれを予防としてやっていますがすごくいいですよ!

インドでは当たり前みたいですが、インドみたいに右から入れて左に出すといったことではなく

単純に片方に入れてそのままフンっと出すという方法です。

事前予防されている感があります。

6,ブリーズライトなど鼻孔拡張テープを使う

 

いかがでしたか

筆者が今回、原因や解消法を見ながら思った事は

風邪以外の疾患で鼻づまりが起こっている場合はどうしようもない事ですが

この時期だとやはり風邪で鼻づまりになる事が多いと思いますので

風邪を引かないように過ごす事が一番大切なのではないかと思いました。

 

何より予防が一番大切。

筆者も次回こそ風邪を引かないように気をつけなければ…。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA