主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

二十四節気の清明(4月5日)と穀雨(4月20日)って何?いつ?日本人のお花見や農作業と深い関わりがあった

今年はいつ?知っておきたい清明と穀雨の読み方と意味

日本には、二十四節気といって本来の春夏秋冬をさらに分けてそれぞれ24の節気が決められています。立春や立冬は、なじみ深いものであり意味も想像しやすいものですね。清明(せいめい)と穀雨(こくう)は、それぞれどんな意味がある日なのかご存じですか?

4月5日頃が清明ですが、今年は4月5日です。春たけなわで清らかで万物が生き生きとしている「清浄明潔」を略して清明と呼んでいます。一方の穀雨は、4月20日頃とされています。

今年もその日が穀雨ですが、清明から数えると15日経過した日になります。この頃の雨が穀物を潤して行くことから名づけられており、田畑ではちょうど種を蒔く時期になります。春の不安定な天気もこの穀雨頃から安定して、初夏へと徐々に移ろってゆきます。

意外にも4月は、穏やかなイメージではあるのですが清らかな明るい天気と雨の恵みを感じる天気と大きな変化もある時期ですので、清明と穀雨がまさにそれを表わしているわけですね。

お花見シーズンたけなわの清明から農作業が始まる穀雨へと二十四節気で人は季節を知る

清明の頃は、桜が満開を迎え人々はお花見シーズンたけなわで咲き誇る桜に心を穏やかに明るい気持ちになるものです。桜の季節は、花冷え、花散らしの雨など雨も付き物ですので、毎年、桜の美しさを見るチャンスを逃さないように愛でるものですね。桜を待ちわびる人の心とは裏腹に、暖かい雨が降って花を散らしたり、蕾が震えるように冷たい雨に降られることもあります。

やがて、穀雨を迎える頃になると、春の天気も安定し始め陽射しにもみなぎる強さを感じ始めます。田植えの準備や畑で種を蒔く時期として人々は季節の目安として毎年、農作業にいそしむわけですね。

「百穀春雨」と呼ばれるのがこの頃の雨。百穀を育てるためにまず芽を出させる貴重な有難い雨です。穀雨は、その言葉から文字をとって名づけられました。

清明から穀雨は、わずか15日ほどの経過ですが季節の変化が大きい時期でもあり、人々はこの頃から春から初夏への移ろいをだんだんと感じてゆくようになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA