主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

【4月13日ごろ】十三参りはいつどこですれば良いの?子どもたちと両親、それぞれの服装は?

十三参りはいつ頃すれば良い?場所はどこ?

十三参りとは、数えで十三歳になる年に虚空蔵菩薩に参拝することを言います。子どもから大人の仲間入りをする節目の儀式であり、厄を払うという意味合いもあります。

十三参りを行う時期は、大体4月13日ごろを目安に行いますが、寺院によって日程は大きく異なります。春に十三参りの日程を設けている寺院がほとんどですが秋の十三参りを行っている寺院もあります。

十三参りを行っている寺院へ参拝する必要があるので、近隣の寺院が該当するかどうか、事前に調べておく必要があります。虚空蔵菩薩を祀っている寺院であるならば、十三参りを毎年行っているので実際に行事の日程を確認して、参拝する日を決めましょう。

十三参りの行事の日程と家族の予定が合わない場合は、後日に祈祷などをしてもらうのでも良いでしょう。近隣に該当の寺院がどうしてもない場合は、馴染みの深い神社に参拝するのでも問題はありません。

十三参りでの両親と子どもははどんな服装で行けば良い?

いざ十三枚参りの日程が決まったら、後は当日の服装が気になるところです。十三参りでは親も子どもも正装が基本とされています。正式には、どちらも着物で参加するのが望ましいとされていますが、現代では特にこだわらなくても問題はありません。

子どもは中学校の制服を着たり、スーツやワンピースを着ることがほとんどです。着物を着る場合は、レンタルなどを利用すると便利ですし、着付けも合わせて行ってくれるところもあります。子どもが着物を着るときには、母親も訪問着を着て家族で服装を合わせるようにすると良いでしょう。

洋装で十三参りを行う場合には、父親はスーツ姿、母親はスーツかワンピース姿であれば問題ありません。大人への仲間入りを果たすという意味合いのある十三参りであるので、家族そろって記念撮影などしてみてはいかがでしょうか。

衣装のレンタルと合わせて記念撮影まで行ってくれる業者もあるので、大いに活用してみてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA