主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

ゼンタングルは初心者おすすめの趣味!じわじわと人気広がるアートを体感せよ!

ゼンタングル、という言葉を聞いたことがありますか?

無趣味だった筆者がこの歳でハマってしまった

初心者でも結構カッコイイ絵がかけちゃう方法なんです!

育児で疲れた心を癒すのにいいんですよ(笑

初心者でもアーティスト!?ゼンタングルって何?

ゼンタングルは「禅」と「tangle」(絡まる)を合わせた造語です。

2004年にマサチューセッツ州のリック・ロバーツとマリア・トーマスが作ったアート・メソッドです。

 

簡単に言うと、パターンを組み合わせて絵を描くということです。

そうは言っても、絵が下手だから、センスがないから、

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな人でもゼンタングルの手法でかけば、かっこいいのが書けますよ。

ゼンタングルを書くことで、集中力が高まり、瞑想と同じ効果が得られるのだそうです。

心の赴くままに、上下も失敗も正解もないのです

ゼンタングルには3つのルールがあります。

・上下がない
・正解がない
・失敗がない

です。

なので、鉛筆ではなく、ペンで書き始めましょう。

とりあえず、まず紙とペンを用意します。

そこに、枠を書き、パーツに分けるための線を引きます。
ze1

これは、あくまでも例なので、どんな形でも大丈夫です。

枠を作らずに、いきなり書き出すのもありなのです。

わかりやすいように枠、線のある状態で話を進めます。

どこでも好きなパーツに模様を書きます。

 

線だけでも、点々でも、○でも渦巻きでも、なんでもいいのです。

二重丸を重ねて書いてみます。
ze2

図形を重ねて書くときは、どっちが上になるのかを意識して書くのも手です。
ze3

一つのパーツを一つの模様で埋めたら、次のパーツに別の模様を書きます。
ze4
ze5

これを繰り返して出来上がりです。
ze7

簡単でしょ?そして、なんとなく芸術っぽくないですか?

これがゼンタングルです。

一度やり始めたら、ゼンタングルに夢中になってしまう人多数

この模様をパターンと言い、本やネットなどで、

いろいろなパターンの書き方が紹介されています。

どんな模様がいいか悩んだら、そういったものを参考にして書くのでもOKなのです。

 

正しく書き写せなくても、それはそれで模様になります。

人生と同じでやり直しは効かないけれど、失敗もないのです(笑

Twitterやインスタグラムなどで、ゼンタングルで検索すると、

とても多くの作品をみることができます。

その一例を紹介します。

是非、あなたの作品も作ってみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA