主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

【4月1日】エイプリルフールについての起源やルールって?

エイプリルフールとはいつから始まったのか

エイプリルフールは毎年4月1日に嘘をついても良いという風習のことを指しますが、その起源ははっきり決まっていません。いくつか説がありますが、どれも正確な確証がないためにはっきりと起源を言い切れないのです。その中でも有力とされているのがヨーロッパが起源とされている説です。

昔のヨーロッパは新年が3月25日とされていて、4月1日までの期間に春祭りが開催されていました。しかし1564年にフランス王であるシャルル9世は1月1日を新年としたグレゴリオ暦を採用しました。この決定を受け入れられなかった民衆は4月1日を「嘘の新年」とし祝っていましたが、あろうことにシャルル9世は祝っていた人々を次々に処刑してしまいます。処刑された中には13歳の少女もいたそうです。

この事件にフランスの人々は悲しみ、忘れない為にその後も毎年4月1日に祝うようになりました。これがエイプリルフールの起源の有力説とされています。

エイプリルフールはどんなルールで何をする日なのか

現在ではエイプリルフールは4月1日にだけ、人に害のない形のからかうような嘘を吐いてもよいという風習になりました。また、正午までの間は嘘を吐いても良いとされていて、正午を超えるとそれが嘘だった事をバラさなければならないといった風習もあります。嘘を吐いても良いですが、必ずネタばらしとセットで行いましょう。

ただし吐いても良い嘘は1つだけなのを忘れてはいけません。他にもエイプリルフールに吐いた嘘は1年間叶わないというジンクスも存在します。世界で言えばイギリスの国営放送局がニュース内で嘘のネタを流す事が有名です。

さらに日本でも近年ではさまざまな企業がHP内でネタを仕込む事が多く見られ、1日限定で楽しませてくれます。年々クオリティも上がってきており、毎年楽しみにされている方も多いです。エイプリルフールで大切なことは、例え相手が家族や友達だったとしても節度を持って楽しむという事です。幸せな嘘を吐く事で、お互いに楽める良いエイプリルフールを過ごしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA