主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

そもそも「新年度」って何?なんで学校や会社はお正月ではなく4月始まりなの?

春

「新年度」はなぜ4月?一体いつから?誰が決めたの?

もうすぐ新年度。年度末の3月には今年度の総括や新年度に向けての準備など、大忙しですね。ところでこの「年度」制、4月始まりはどうやら日本独特の制度のようです。アメリカなどでは学年の始まりが9月なのは有名ですよね。ではなぜ日本では新年度の始まりは4月なのでしょう。

実は日本にも4月以外から始まる年度制度は複数あります。4月からという認識が強いのは、一般家庭に深く根付いている学校制度である「学校年度」、国や会社が予算の執行をする「会計年度」が4月始まりだからなのです。その始まりは明治19年(1886年)。当時の日本における主な税収入源は稲作によるものでした。納税はお米そのものではなく現金でしたので、秋に収穫したお米を農家が売り、お金に換えた後税として納めるとなると12月では間に合いません。そこで、大体4月あたりに納税を、ということになったのですが、当時の日本にとって重要な国であったイギリスが会計年度を4月としていた為、日本政府はそれに倣い新年度を「4月1日」と定めたのです。

新年度に向けて心が引き締まる、著名人たちの名言

さて新年度に向けて、生活が大きく変わる方も多いと思います。期待に胸を膨らませる一方で、不安もありますよね。新しい生活へ向け、心を奮い立たせてくれる名言をご紹介します。

「一日一生」/菊池雄星
これは菊池雄星選手が西武球団へ入団する際、新年の抱負として色紙に書いた言葉です。元々この言葉、「今日という日が生涯の中の大切な一日である事を自覚し、一日一日をくなく生きてゆこう」という意味なのですが、菊池選手はこう述べました。「『一年目だから仕方ない』では活躍できない。一日一日が最後のつもりで大切に投げたい」新年度にあたり、何かを新しく始める方、なんとなく何かを始めようかな、と考えている方には響く言葉なのではないでしょうか。

「冒険に出るとき 心からそれを望んでいるかどうか が大きな問題だ」/ジョーゼフ・キャンベル
こちらはアメリカの神話学者、ジョーゼフ・キャンベルによる名言です。今年度までの事を振り返り、自分の心が本当に望む冒険へと新たに繰り出すにも、新年度はぴったりかも知れません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA