主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

「こども読書の日」っていつからできたの?そして何をする日なの?

「こども読書の日」っていつから決められたの?

4月23日が「こども読書の日」ってご存知ですか?きっと「こどもの読書を推進する日」なんだろうな、ということは分かりますよね。でもいつ出来たんだろう?自分がこどもの頃からあったのかな?「こども読書の日」は、2001年12月に公布・施行の「子ども読書活動推進法」により定められました。

実はそれよりだいぶ前の1959年(昭和34年)からはじまっている「こどもの読書週間」というものがあります。また世界的にも「国際子どもの本の日(4月2日)」や「サン・ジョルディの日(4月23日)」など、この時期はこどもや本に関するイベントが続いているんです。

そのなかで「こども読書の日」が4月23日と決められたのは、イギリスの劇作家シェイクスピアとスペインの作家セルバンテスの命日である4月23日を、ユネスコが「世界・本と著作権の日」と宣言していることなどにちなんだものだそう。ちなみに表記が「子ども」ではなく「こども」なのは、「こどもの日」に合わせたからだそうですよ。

「こども読書の日」では実際にどんなことをしているの?

では「こども読書の日」には、どんな活動をしているのでしょうか。たとえば図書館では、幼児向けに、おすすめ絵本の展示、絵本の読み聞かせ、絵本と連動した遊びの紹介。小学生向けに一日図書館員として司書の仕事を体験する活動、児童書の展示・紹介、紙芝居や絵本の読み聞かせ、こどもたちがおすすめする本の展示・紹介、パネルシアターや映画観賞会。中学生向けに国語の教科書に掲載された作品の展示・紹介。また対象をしぼらずに来館者一般に向けて、郷土資料を紹介したり、テーマに沿った作品を展示したり、お話し会やゲームを開催するなど、各図書館で趣向を凝らした活動をしています。

大型書店などでイベントを企画しているところもあります。「本屋さんへ行こう!キャンペーン」として書店くじが配布されるのもちょうどこの「こども読書の日」の前後にあたります。そして東京ではゴールデンウィーク期間中に「上野の森親子フェスタ」というイベントが開催されます。なんと、絵本・児童書など約5万冊が「読者謝恩価格」で販売されるブックフェスティバルです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA