主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ストロベリームーン2017は6月9日!その意味とは?

2017年6月9日の月はストロベリームーンとなることが話題になっています。
いったいそれにはどんな意味があるのでしょうか。今回は、6月9日のストロベリームーンの詳細やその意味、過去に見られたストロベリームーンなどをまとめていきます。

2017年6月9日はストロベリームーン

6月9日の夜空に輝く(であろう)ストロベリームーン。
これはこの時期にだけ見られる赤く光る満月のことで、アメリカではちょうどその頃がイチゴの収穫期だったことからストロベリームーンと呼ばれるようになったのだとか。
なぜ赤く見えるのかというと、この時期の月は地平線に近い位置を移動し、月からの光がいつも以上に青い光を散乱するためのようです。
地平線に近いほど赤く見えるので、月が出てすぐの時間帯に南東の地平線のあたりに注目してみましょう。

私も撮影してみようと思います。

ストロベリームーンにはどんな意味があるの?

このストロベリームーンは、「恋をかなえてくれる月」とも言われています。
ストロベリームーンを見ると幸せになれる、異性と一緒に見るとその2人は結ばれるというロマンチックな伝説もあります。

また、単純に恋愛運アップとしての効果もあるため、片思いの相手を思い浮かべながら見ても両想いになれるとも言われています。
気になる人がいるなら、今夜は夜空に輝く赤い月を見上げてはいかがでしょう。

こんな話を娘にしてやると目を輝かしていました(笑
やはりピンクは恋とかそういう意味にとらえられますよね。

スポンサードリンク

過去のストロベリームーン

実際どんなふうに見えるのか気になる人も多いと思うので、過去に見られたストロベリームーンの画像をまとめてみます。

スポンサードリンク

ストロベリームーンに盛り上がるネットの反応

ストロベリームーンにネットも盛り上がっています。
ロマンチックな気持ちになりますよね。

ネットの反応

「ストロベリームーン見られますように」
「恋をかなえてくれる月ってほんとかよ(笑)」
「今夜はストロベリームーン、絶対見逃せない!」
「晴れてきたから見られるかな」
「ネーミングが可愛い」
「雲出てきたけど…」
「名前はかわいいけど不吉な月にしか見えない」
「ちゃんと写真撮れるかなあ」
「絶対幸せになるぞ!」
「去年は見逃しちゃったから今年は絶対見たい」
出典:twitter

やっぱり、若い女の子中心ですね^^

ロマンチックな伝説のあるストロベリームーン。
今夜は大切な人と一緒に、好きな人がいる人はその人を思い浮かべながら夜空の月を見上げてみてはいかがでしょうか。
きっといいこと、あると思います…。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA