主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

RSウイルスで咳がひどい・吐くというところまでいったケースは要注意!

RSウイルスは生後1年の乳幼児の50%、生後2年ではほぼ100%が

感染するウイルスです。珍しい感染症ではありませんが、

初めて感染発症した場合に、咳がひどい、吐くなどの症状が

出る場合があります。RSウイルスについて最低限の知識と事例を紹介していきましょう。

スポンサーリンク.

RSウイルスの症状!咳がひどい・吐くケース

RSウイルスは世界中のどこにでもある病原体です。RSウイルスが

体内で増殖することで発症します。乳幼児は何度も軽度の感染をして、

その度に抵抗力をつけていきます。RSウイルスに感染すること自体は

自然なことで必要なことですので、深刻になるものではありません。

名前だけ聞くとなんだか恐ろしそうですけどね。

 

ただ、初めてRSウイルスに感染したときは、

要注意です。7割の乳幼児は、発熱、鼻水といった軽い症状ですが、

残りの3割は、咳がひどい・吐くといった症状がでます。さらに重篤化し、

呼吸困難にまで至るケースもあります。

インフルエンザよりもやっかいだ!という人も時たまいるほどです。

 

立感染症研究所感染症情報センターの

レポートによりますと、RSウイルスが原因で「乳幼児の肺炎の約50%、細気管支炎の

50~90%を占める」とあります。生後月齢が低いほど重篤化しやすいので、

咳がひどかったり、吐くなどの症状がでたら、すぐに近くのクリニックを

受診させましょう。

 

RSウイルスに直接作用する薬や抗生物質はまだありません。

水分補給・栄養補給をしっかりとして、体を休ませてあげてください。

しっかりと休める環境であれば体に抗体が作られ、症状は数日で治まります。

 

しかし、入院となると、病院によっては

親が24時間付き添わなければならないところがあり

親が体力を消耗し大変だったという報告をけっこうきいたことがあります。
(最後のツイート参考に)

スポンサーリンク.

RSウイルスの二次感染に注意

感染した乳幼児に兄弟がいる場合は、ウイルスの二次感染に気を配る

必要があります。RSウイルスは飛沫感染します。つまり、RSウイルスに

感染した乳幼児が咳やくしゃみをすると、ウイルスを撒き散らすのです。

麻疹、水痘、結核のように空気感染はしません。

 

RSウイルスに感染したら、必要以外の兄弟の接触は避けるほうがいいです。

また、大人を介しての感染拡大も考えられます。成人の場合、RSウイルスに

感染しても、軽い症状どころか自覚症状もでないことがあります。それでも

乳幼児には脅威になります。RSウイルスに感染した子供を看病したら

手を洗うなどして、感染拡大を防ぎましょう。

子供がRSウィルスにかかると親も大変です。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new