主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

PM2.5の越境汚染が心配なあなたが知っておく全知識はたったこれだけ!

11月30日の中国のPM2.5の濃度は、中国の報道機関が「災害レベル」と報道するほどの

観測データ上最悪のものでした。

日本人が気になるのは、PM2.5の越境汚染でしょう。

言葉だけ聞くと怖いですが、私達が出来ることがけっこう単純なことのみです。

知識は確実につけておきましょう。2分で理解出来ます。

スポンサードリンク

PM2.5の越境汚染に対する自己防衛のための知識

現状としては、中国は今年に入り8月は一時的に落ち着いたのですが

10月ごろからPM2.5の濃度が再びひどくなり、動画を見れば一目瞭然ですが

濃霧状態です。濃度は数字にして、1立方メートル当たり約1000マイクログラム

とんでもない数字です。

これは日本では、70以上だと、「外出を控えるレベル」とされていますので

いったいどういうことになってしまうのかというありえない数字です。

 

12月1日の中国のニュースです。

2月ごろから黄砂が日本に毎年流れてくるのは恒例ですが

黄砂、PM2.5と一緒に来るのかなど紛らわしいですよね。

そこで、東北大学が、PM2.5や黄砂の飛散状況を人工衛星画像で閲覧できるサイト

「越境大気汚染衛星画像データベース」
https://tapsidb.cneas.tohoku.ac.jp/

というものを開設しました。

 

名前とメールアドレスを登録すると見ることが出来ます。

*現在混んでいるのか非常に重いです。yahooメールで登録したらうまく行かなかったで違うメールアドレスが良いかと思います。

 

中国が悪ものに言われがちですが、気象的にも

拡散されにくい時期があり、留まってしまうためにあのように

濃霧のようになりがちな側面もあります。

そしてそれが福岡など日本海側の県を中心に

越境汚染となりますので、日本人も対策をしなければならないわけです。

スポンサードリンク

PM2.5の越境汚染に対する対策

Pm2.5は簡単に言えば、工場や自動車の排ガスなどから出る微小粒子状物質で

細菌より小さく、ウィルスよりは大きいものです。

 

肺胞まで入り込み、普通なら繊毛活動により排出されますが

あまりに多いと、排出が間に合わず肺胞で炎症を起こし

喘息などの呼吸器官系の病気を引き起こします。

中国で、PM2.5によって、年間何千人亡くなっているという話がありますが

正確性が定かではないのでここでは控えます。

 

ただ、子供を中心に呼吸器官係の病気は年々増えているようです。

あなたの地域のPM2.5の状況を把握するのは

他のサイトでも出来ます。

http://www.tenki.jp/particulate_matter/

こちらに東京は20などの数字が出ています。

 

前述したように、70以上だと「外出を控えるレベル」と日本では定められていますので

70を目安に考えるべきでしょう。

 

私達が出来ることは単純に4つ

数値が高い時は

・ウィルスレベルをフィルター出来るタイプのマスクを着用すること

・屋内では、ウィルスをフィルター出来るタイプの空気清浄機を回すこと

・外出しなくて良いなら控えること

・洗濯物も外に干さない

の4つでしょう。

*洗濯物については具体的な被害などはまだ研究段階ですが、
中で干せるならそうした方がいいでしょう。

以下のN95のマスクが奨励されています。

今年はこの越境汚染がどのような状況になるかわかりませんが

やはり、肺の小さい子供が心配なわけです。

中国では、被害者の多くが子供ということですから

我々親が出来ることは、毎日PM2.5 の数字をチェックして

70近い時は、マスクをさせる。

ということでしょう。

 

もちろんあまり過度に反応しすぎて、

ずっと家で過ごすとストレスがたまり

子供の精神に悪いのでそのへんはバランスをとりたいところです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA