主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

iPhone6s防水つかずガッカリの声。発表時に大雨のタイミングの悪さ!

iPhone6sが9月10日の深夜に発表されました。

今年もピンク系も出るということや、カメラの進化で注目を集めましたが日本では例年以下の盛り上がり。

本当に偶然ですが、非常にタイミング悪く、日本は大災害の日とかぶってしまいました!

しかもこの大雨災害からつい連想してしまう「防水」機能がないことにネットユーザーがガッカリの声

スポンサードリンク

iPhone6s防水機能なしにガッカリの声

この例年楽しみな新型iPhoneの発表日に日本は関東を中心に大災害。

iPhoneどころじゃないという人が多い状態となってしまいました。

さらに、この信じられない50年に1度の大雨の中

「防水がない」ということに過敏に反応したネットユーザーが多かった印象です。

やはり防水が大切であることが分かります。

なんとなくXperia人気に移行しつつある気はしますね。

スポンサードリンク

iPhone6s情報まとめ

さて、今回のiPhone6sの情報をまとめてみました。

わかりやすかった動画はこちら

■iPhone6s情報まとめ■

・「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」が発表される

・9月12日午後4時1分から開始。発売は9月25日

・SIMフリーモデルの価格は、iPhone 6s
16Gバイトが8万6800円
64Gバイトが9万8000円
128Gバイトが11万800円(すべて税別)

iPhone 6s Plusは
16Gバイト9万8800円
64Gバイトが11万800円
128Gバイトが12万2800円

・色は、ローズゴールド/ゴールド/シルバー/スペースグレイ

・大きさは変わらず
6s:6と同じ4.7インチ/1334×750ピクセル(326ppi)
6s:plusは5.5インチ/1920×1080ピクセル(401ppi)

・重さ
6s:143グラムと6から14グラム重い
6s:Plusは192グラムと6 Plusから20グラム重い

・「3D Touch」搭載—-圧力によって違う操作をしてくれる
これは画面を長押しすることで、それを実際開くことなく、ポップ的に前に現れて簡易操作することが出来ることです。
「peek」例えば、冒頭だけ読めば済むようなメールのタイトルを軽く長押しすれば虫眼鏡のように軽く読むことが出来る。話せば元に戻る。つまりわざわざ開いてわざわざ戻らなくていいのだ
「pop」深く押すと大きめのポップとしてパッと開く

・クイックアクション機能
したいことをより早くする—長押しすれば最低限のメニューが出る

・1200万画素数カメラ対応、4Kビデオ対応

・前面カメラが120万画素から500万画素に

・Live Photos機能—–撮った瞬間の前後の瞬間の動きとサウンドを録画出来る。

・チップはA9で70%向上

・防水はない

 

このようになっています。

もちろん防水はアクセサリを使えば出来ます。

最低3780円から以下のようなものが売っています。

多少大きくなってしまうのが難点ではありますが

この値段ならば問題ないのではないでしょうか。

 

といろいろ対策はできるのですが、やはり最初から全部付いているものを

選びたくなるものです。筆者は今のところiPhoneファンではありますが

Xperiaとの競争は今後どうなるでしょうか!?

■関連記事

格安スマホ?iPhoneがワイモバイルで3980円で登場!デメリットは5つ!

iPhone6s防水つかずガッカリの声。発表時に大雨のタイミングの悪さ!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 10日

CAPTCHA