主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

GYOZA OHSHO烏丸御池店おすすめメニューは?待ち時間はここを見よう!

2016年3月3日「餃子の王将」らしさがみじんもない店舗である

”GYOZA OHSHO烏丸御池店”が京都でオープン。

筆者もシェイクシャックと同様、もし東京ならオープンした週に行っていましたが

ちょっと遠い。しかし、ここのコンセプト、メニューを見ると女性が絶対いきたい

中華チェーンであります。というのも2号店は首都圏を狙っているようなのです!

ネットの反応からおすすめメニューと、待ち時間についてまとめてみました。

スポンサードリンク

GYOZA OHSHO烏丸御池店おすすめメニューは?

GYOZA OHSHO烏丸御池店の特徴を簡単にまとめましょう。

その前に外観がたくさんツイートされているので紹介します。

もはや王将ではないと多くの人が言いたくなる気持ち、よくわかります笑

しかし、特徴として
・30代OL向け
・安さはそのまま
・ヘルシーで軽い料理(油っぽくならない)
・見た目など五感を意識した料理
・器など高級感
・オープンキッチンで、床はドライキッチン(水を流さないタイプ)
・烏丸御池店オリジナルレシピメニューが20数種類
・白やナチュラル色を基調とする
・座席にコンセント(全部ではない)
・wifi完備

と至れり尽くせり!!これは是非行ってみたい。

なによりメニューが非常に魅力的なのです。ここでしか食べれないオリジナルメニューが以下。

出典:http://www.ohsho.co.jp/shop/img/detail/kokodake.jpg

・イカフライサラダ~中華ドレッシング~ 550円
・大根サラダ~塩昆布ドレッシング~ 450円
・ザーサイ入りキャロットラペ(人参サラダ)380円
豆苗と水菜、スモークサーモンの美肌サラダ 590円
・ケーキのようなふわふさ卵焼き~胡麻油添え~ 200円
・野菜と豚肉のチーズせいろ蒸し 680円
・じゃがいもと人参のきんぴら 280円
・高野豆腐のハムチーズフライ 450円
・大根と鶏肉のオイスターソース煮込み 450円
・中華風あんかけハンバーグ 680円
・サワークリームと溶かしバターで食べるスープ餃子(4ヶ) 480円
・おからと紅ショウガの揚げ餃子290円
・京風和風餃子~白味噌チーズだれ~(6ヶ)450円
・湯葉の天津丼 580円
・京つけものの和風炒飯 580円

スポンサードリンク

GYOZA OHSHO烏丸御池店だけのメニューと待ち時間

GYOZA OHSHO烏丸御池店だけのメニューということで名前からして攻めてきてますね笑

卵焼きをチーズケーキみたいな形にして「ケーキのようなふわふさ卵焼き~胡麻油添え~」

買いたくなるようにしているところが憎いです。200円と安いので一度は試したくなりますね。

個人的に気になるものを赤字にしましたが

サワークリームと溶かしバターで食べるスープ餃子っていったいどんな味になるんだ!?

と興味津々となるものです。

 

上の赤字は筆者は絶対試してみたいですね。(どうせならすべてですが)

その他、定番のメニューやセットメニューなどは公式ページにあります。
http://www.ohsho.co.jp/shop/detail.html

GYOZA OHSHO烏丸御池店待ち時間

待ち時間に関しては筆者はいつもYahoo!リアルタイム検索でツイートを見て確認しています。
「GYOZA OSHO 待ち」なんかで検索するといいですよ。
https://goo.gl/rrUoGj

お昼で25分という人。
夕方50分待ちという人、いらっしゃいますね。
やはりオープンしたてで大繁盛。

ピークタイムは1時間近く並ぶようです。

餃子の王将はもともと女性が2割だけということで

女性獲得に失敗してきたとの反省から、今回の出店に踏み切ったようです。

特に首都圏進出に失敗しているようなので

今回のコンセプトが成功したら首都圏にたくさん出店してくれる可能性が高いです。

これだけ安くて魅力的ならば筆者は是非試してみたいと思ってしまいます。

■関連記事

シェイクシャックのメニューを食べるならこれ!!人気爆発は日本でも続くと確信!

ゴッチーズビーフ池袋のランチメニューと混み具合。女性一人でも空いている時なら問題なし

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA