主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

ルスモ (LUSMO) ペットフード・オートフィーダ レッドのご紹介とクチコミピックアップ

ルスモ (LUSMO) ペットフード・オートフィーダ レッド

ルスモ ペットフード・オートフィーダ レッドの説明

この商品は、ルスモという名前のペット用自動給餌器です。容器にペット用のフードを入れておくと設定した時間にフードをだしてくれます。一日1~3回まで時間設定できるので、ペットのよって食事の回数をかえることもできます。

またフードの量も5グラムごとに設定できるので、ほとんどの体重のペットに使うこともできます。容量も大きいので一度補充しておけば面倒もありませんし、見た目も可愛いのでお部屋に置いても違和感がありません。

仕事で帰宅時間が遅くなってしまう人や用事があってペットの食事の時間に帰宅できない人にも便利です。使い方もとても簡単なので一度覚えると説明書をみなくても大丈夫ですし、ペットも飼い主も喜ぶアイテムです。

スポンサーリンク.

ルスモ ペットフード・オートフィーダ レッドのメリット

この商品の1番のメリットは自動でエサをだしてくれる、という点です。猫や犬は朝が早く、ご飯がほしくて飼い主を起こすこともありますが時間になるとエサがでてくるのでそんな心配もありません。帰宅が遅くなる日でもご飯の心配がないので安心です。

量を5グラム単位で設定できるので与えすぎになることもありませんし、1日1回~3回をペットによって分けることもできて便利です。「おやつボタン」もあるので、少しだけオヤツとして与えたいときもボタンを押すだけです。

そしてコンセントではなく電池式になっているので、どこにでも置けますし、本体自体も軽いので女性でも簡単に持ち運ぶことができます。電池残量が少なくなってくるとディスプレイに表示されるので、電池残量がなくなってフードがでない、という心配もありません。

スポンサーリンク.

ルスモ ペットフード・オートフィーダ レッドの効果

どうしてもペットがいると外出できなかったり遠出ができなかったりとうことがあります。お腹を空かせて待たせるのはかわいそうなので飼い主は心配になりますが、時間になると勝手に出てくるので安心です。

家にいても忙しいとご飯の時間を忘れてしまうこともありますし、ご飯の時間がバラバラになることはペットにとってもよくありません。同じ時間に食事を与えられる、忘れていてお腹を空かせることがないので安心できます。そして最近では1人暮らしでペットを飼っている人も多いので、そんな人にもとても便利です。

ペットにお腹を空かせるのは可哀想だけど、仕事や用事で決まった時間にご飯をあげられない人にピッタリです。食べ過ぎてペットが太ってしまう場合にも決まった量がでてくるのでダイエットにもなります。

出典:ladycate.com

ルスモ ペットフード・オートフィーダ レッドの使い方

ではこの商品の使い方を説明します。最初から組み立てられたままの姿で発送されてくるので、付属のお皿をまずセットします。そして小さなディスプレイが上部にあるので、現在時刻をセットします。

次にフードを出したい時間もセットしていきますが、1日3回までセットできるので希望期間に合わせるだけです。1日2回しか与えない場合には0と入力すればその時間には出てきませんから、好きな時間をセットしてください。

セットする量は5グラム単位で、与える回数ごとにセットできます。例えば朝7時に30グラム、夜は40グラムなど、全て好みで設定できるのでペットの食事量を考えて調整してください。電池は単1が4つ必要となるので、前もって準備しておくと楽です。

スポンサーリンク.

ルスモ ペットフード・オートフィーダ レッドの値段

このルスモは9,000円から10,000円ほどで販売されているので、高いように感じるかもしれません。しかし一度購入すれば長く使えますし、ご飯を待つペットの気持ちや飼い主の手間を考えるとお買い得です。

大きな犬や猫でも1日2回は食事をしますし、それが毎日となると飼い主もなかなか大変です。食事の時間が使づくとペットはご飯をせがみますが、慣れてくると「ルスモからご飯がでてくる」と理解するので、ご飯をせがまれることもなくなります。

朝に起こされて寝不足になっていた飼い主も起こされる心配がなくなるのでぐっすり眠ることができます。まだ小さなペットだと1日3回食事がいることもありますし、仕事をしていればお昼に自宅に帰ることができない人も多いですから、ずっと長く使えるルスモは1台あると便利です。

ルスモ ペットフード・オートフィーダ レッドの良いクチコミピックアップ

ルスモ ペットフード・オートフィーダ レッドの悪いクチコミピックアップ


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA