主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

ラブライナーカラーCのご紹介とクチコミピックアップ


アマゾンで金額を現在の確認

ラブライナーカラーCの説明

ラブライナーから出ている7色展開のカラーアイライナーです。バーカンディブラウン、ピンクブラウン、カーキブラック、モスミント、アプリコットブラウン、ネイビーブラック、アクアブルーの7色で、0.1mm筆タイプのアイライナーです。リンゴ果実培養細胞エキス、マイクロヒアルロン酸FCH (ヒアルロン酸Na)、パンテノール、センチフォリアバラ花エキス、センブリエキスの保湿成分が入っています。にじみにくい、落ちにくい、発色はキープされる商品です。持ち手がアルミで重さがあるので、書き心地も良い商品です。 使う前に振ってから使うと出が良いです。使い終わった後は軽くティッシュで毛先を整えてからしまうようにすると長持ちするようです。

出典:ladycate.com

ラブライナーカラーCのメリット

最近のトレンドを意識してコスパの良いカラーアイライナーを探していました。インターネットで口コミやおすすめを見ていて、コスパが良くて使い勝手も良さそうだと思い購入しました。1本1,700円ですが、毛先が筆になっていて書き心地が良く、発色もとてもきれいです。アイライナーは落ちにくいのですが、お湯で簡単にオフできます。うわまぶたは全体に引いて、したまぶたは黒目の外側から目の端にかけて引いて使っています。バーカンディブラウンという色のアイライナーで、派手になり過ぎるかと思いましたが、ちょうど寒い季節にぴったりな濃いピンクの色で、温かみが出て、アイシャドウとの相性やなじみ方も自然で、とても良い商品でした。

スポンサーリンク.

ラブライナーカラーCの効果

アイライナーというと黒が普段から使い慣れたもので、購入もいつも黒いアイライナーでカラータイプのものはあまり使ったことがありませんでした。ただ、いつも同じメイク、同じ色合いの表情になってしまい、代わり映えしないのが悩みでもありました。そこで、最近流行しているカラーアイライナーを探していて、ラブライナーを購入しました。ベースメイクやアイブロウは変化がなくても、目周りが違うだけでだいぶ印象が変わりました。濃いピンク色なので、あまりきつい表情にもならずやわらかい色合いが出せます。ピンクのチークと合わせると顔全体が華やかになりました。ブラウン系のアイシャドウに合わせて使っていますが、発色がきれいなのでアイシャドウとのバランスも良いです。

出典:ladycate.com

ラブライナーカラーCの使い方

ベースメイクをして目周りのくすみを一定に調整した後にアイブロウで太めの眉を書き、ブラウン系のアイシャドウを乗せていきます。少し明るいパールを目周りに伸ばしてうわまぶたは目頭から目じりにかけて、したまぶたは黒目の外側から目じりにかけてバーカンディブラウンのアイライナーを引きます。最後にマスカラを付けて印象的な目元に仕上げます。リップも濃い目の赤にして、チークもピンク系のものにするとパッと明るい印象になります。使う前にアイライナーを軽く振ってから使い、使い終わったらティッシュで毛先をふき取り整えてからしまいます。あまり濃いメイクにしたくない場合は、うわまぶたも目じりを中心にアイライナーを乗せるようにします。

スポンサーリンク.

ラブライナーカラーCの値段

書き心地、発色、メイク持ち、オフの時の便利さを考えると1,700円はとてもコスパが良いと思います。毎日同じカラーにはしないので、半年くらいは持たせられると思います。また、カラー展開が7色あるので、何本か試してみたいです。今回は、バーカンディブラウンに合わせてアクアブルーも購入しました。アクアブルーはアマゾンで1,000円になっていて、バーカンディブラウンよりも更にお買い得でした。どちらの色もアイシャドウの色を変えればどの季節にも使えるカラーなので、1年を通して重宝しそうです。その他にサンリオとのコラボ商品も5色展開で出ています。お値段変わらずでサンリオ好きでなくてもとても可愛く、お得に購入できます。

ラブライナーカラーCの良いクチコミピックアップ


アマゾンで金額を現在の確認

ラブライナーカラーCの悪いクチコミピックアップ



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new