主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

4歳児は何の遊びをする?発達に応じたものをまとめてみました!

4歳児と言えば、幼稚園に行っている子だと年中の学年ですね。

泣いてばかりだった3歳さんから、一つお兄さんお姉さんになった

子供たちの発達に応じた遊びをまとめてみました。

スポンサードリンク

4歳児の発達に応じた遊びって何?

年中の子を持つお母さんの話や、自分の子の4歳児のころの経験からまとめてみました。

・家族ごっこ、ヒーローごっこ、お姫様ごっこのような「ごっこ」遊び
・サッカー、リレーなどの道具と体を使った遊び
・鬼ごっこなどの体を使った遊び
・しりとり、さかさことばなどの言葉を使う遊び
・あやとり、おりがみなどの指先を使う遊び

などがあげられます。

絵本を自分で読もうとする子も出てきます。

遊びの中に見られる発達(外遊び)

それぞれの遊びにおける発達の特徴を考えてみましょう。

「ごっこ遊び」は、真似ができるようになり、グループの中の役割を認識しているからできる遊びです。

余談ですが、最近は「ままごと」と言わずに「家族ごっこ」といい、ペット役が一番人気のようです。

今年だと「妖怪ウォッチごっこ」や「アイカツごっこ」が主流です。

 

また、サッカーやリレーができるという事は、ルールを守り、道具が使えるようになっているということですね。

鬼ごっこは、ルールを理解して、さらに相手の行動の先を推測する力がなければできません。

スポンサードリンク

遊びの中に見られる発達(室内遊び)

しりとり、反対ことばなどは、語彙力、そして、記憶力が必要な遊びです。

相手の言った言葉を理解して、次につなげる、文字を思い浮かべて反対から読むといった能力がついてきている証拠です。

あやとり、折り紙手先が器用になっているからこそ、夢中になるのでしょう。

 

3歳のころは、教えてもらってもなかなできずに投げ出していたことが、

4歳になると、同じ様に指先を動かすことができるので、面白さもわかるのですね。

字を覚える子も出てくるので、絵本を読み聞かせしてもらうだけでなく、自分で開いて読むようになります。

字を全部覚えていない子でも、絵を見てストーリーを考えて遊ぶ、ということができるようになっていきます。

 

できる、できないは個人差がある

ここに挙げた遊びは、筆者の周りの4歳児が好んでやってきたことです。

好き嫌いや発達の個人差もありますので、サッカーをやろうとしない子、

折り紙に興味を示さない子がいても不思議ではありません。

 

やりたいことがすぐに変わる、というのも4歳児の特徴ですので、

やりたいことをのびのびとやらせてあげてください。

 

また、体を動かしているときに、周りに気を配ることは、まだまだ難しい年頃です。

安全に遊べるように、大人が注意してあげてくださいね。

スポンサードリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA