主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

4月22日 よい夫婦の日!照れずに感謝を上手に伝える方法とは?

夫婦

よい夫婦の日はいつ?どんな意味が込められているの?

夫には感謝しているんだけどな。でも、何となく日常に流されて言いそびれてしまう…。

心の底ではいつも感謝しているはずのに、改まって伝えるとなると照れくさい気持ちが出てきますよね。そんな日頃の思いを伝えるのにピッタリなのが4月22日の「よい夫婦の日」。

よい夫婦の日とは、国連総会が1994年を国際家族年としたのをきっかけに講談社が制定したものです。

国際家族年には、家族に関連する様々な問題に関心を持ってもらいたいという願いが込められています。そこから、講談社が良い夫婦関係を築くことを目的として、4月22日をよい夫婦の日としました。

ちなみに、四四二(よよふ)と良い夫婦(よいふうふ)を掛け合わせてあります。うまいですね!

あなたも日頃の思いを込めて、よい夫婦の日をお互いに感謝し合う日としてみてはいかがでしょうか?いつも一緒にいると、つい互いの存在が当然になってしまいがち。改めて感謝の思いを伝え合うことで、その存在の大切さを見つめ直すことができますよ。

スポンサーリンク.

どのように夫婦で感謝の気持ちを伝え合えばいい?

よい夫婦の日に改めて感謝を伝えると言っても、ちょっと照れてしまいますよね。でも、難しく考えなくても大丈夫!

上手に伝える方法としてオススメなのが、直筆によるカードの交換。これが手紙だと、長い文面など書けないよと身構えてしまいます。でも、カードなら書きやすいですよね。好みのポストカードを使ってもいいのです。たった一言だけでも「こういうセリフって彼らしい」と思わず微笑んでしまうものです。

また、お互いの好きな料理を作り合うこともオススメです。例えば、旦那様はカレーライスがお好きなら、いつもよりスパイスにこだわったカレーライスを心を込めて作ります。旦那様のほうは奥様のお好きなメニューを作るといった感じです。旦那様に「美味しいね」とたくさん褒めてあげてください。そういった褒め合いの会話も感謝を表す一つとなります。

ぜひ、これからは良い夫婦の日をお互いが感謝を伝え合う日として過ごしてみませんか?そうすることで、さらに絆を深め合うことができるでしょう。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA