主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

夜眠れない子は意外と多い。改善には基本に忠実になるしかない!

夜更かしをする子供が増えていると最近よく聞きます。

「それって、塾があるとか、ゲームをしていて寝ていられない、ってことなのかな?」と思っていたら、

眠くても眠れない子供も多いというのです。そういえば筆者にも見に覚えが…

スポンサードリンク

夜眠れない子供が増えている?

夜眠れない子供が増えている、ということがネット上でもよく見受けられます。

親の夜型生活が原因だとか、不安・不満をためている子がストレスのせいで

眠れないのだとかという感じが発言されています。

 

そういうものなのか、と見ていると

それらの記事が、2008年以前に書かれていることに気が付きました。

現在はどうなのかな?と思い、日本小児保健協会のサイトで調べたところ、

2011年の報告書がありました。

 

それを見ると、夜10時以降に寝る子供の割合は0歳から6歳までのどの年齢でも、

平成2年から平成12年にかけて増え平成22年の調査では減っていたのでした。

 

これは、子供の夜更かしが問題視されたため、改善してきた、ということなのでしょう。

 

眠れないのは、生活リズムのみだれ?

それでも、まだまだ就寝時間が22時を過ぎる子供はいるようです。

眠くても寝られないのは、なぜなのでしょう?

 

まずは、不規則な生活というのがあります。

長い休みなどのように、遅くまで起きていて、朝も遅くまで寝ているという生活が続くと、

新学期が始まっても、体内時計が調整できず早く起きることができず、また、

早く寝ることができなくなります。

 

生活リズムが狂うと、ホルモンの分泌や自律神経もコントロールできなくなり

体に負担がかかります。眠れないので、授業にも集中できず、

成績が下がることにもなりかねません。

 

スポンサードリンク

生活リズムの乱れのきっかけは?

ちゃんと寝る時間には布団に入るのに、なかなか入眠できない子もいます。

こころに不安を抱えていると、夜、眠るときに思い出して不安になる、という子もいます。

また、布団に入るぎりぎりまで、ゲームやスマートフォンの画面を見ていて、脳が興奮状態にあるせいで眠れない子もいます。

 

なかなか寝付けない日が続くと、また眠れないんじゃないかと不安になってしまって

結果やっぱり眠れなくなってしまう子もいます。

 

子供のストレスを取り除いて静かな夜を

具体的なストレスに対しては、まずはそれを取り除いてやることが大切です。

眠れないことがストレスになっている子に対しては、

「眠れなくても、目をつぶっているだけで充分休んだことになるよ」と安心させてあげてください。

 

実は、筆者自身が眠れなくなるんじゃないかと不安になるタイプで、

母が言ってくれたこの言葉のおかげで、寝られなくてもいいんだ、と思い、

目をつぶるようにしていたら、いつの間にか寝られるようになりました。

 

寝る前1時間は、親もスマホやゲームを消して、子供たちが眠れる環境を作ってあげてください。

そして、たとえ眠れなくても、まずは、早起きして、日の光を浴びること。

そうすることで、だんだんと生活リズムを取り戻すことができます。

朝、子供と一緒にお散歩するなんていうのも素敵ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない!
ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA