主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

3歳児の育児疲れの原因と対策!どうにもならないイライラとさよならするには?

大分、赤ちゃんぽさも消えて、幼児になってきた3歳さん。

人によっては、この時期が一番つらいということもあるようです。

3歳児との生活で育児疲れを感じているとき、どんな風に対処したらいいのでしょうか。

スポンサーリンク.

3歳児と付き合って感じる育児疲れ

赤ちゃんの頃から比べたら、自分で出来ることも増えて、手がかからなくなるようなイメージがある3歳児。

でも、逆にそれが育児疲れを引き起こします。

2歳のころの、とにかく「いや」「やだ」ではなく、こちらの言っていることを理解した上で、こちらのいうことを聞いてはくれないんですよね。

「ママ、見て~」や「なんで?なんで?」も毎日、何度も言われると、

それが愛情を満たして、好奇心を伸ばすために必要だとは思っても、しんどくなります。

 

子供にイライラしながら、日々の家事はこなさないといけないのですから、親は大変です。

子供に話しかけられるのに嫌悪感を持ったり、日中ぼーっとしてしまったり

大人との会話に集中できなかったり、という症状があったら、育児疲れかもしれません。

スポンサーリンク.

育児疲れを感じたときは

どうしようもなく疲れてしまったときは、一時保育や託児ルームなどを利用して、「お母さん」から離れてみましょう。

家族に子供をあずけて、1時間でも2時間でも外出するのもいいですね。

子供を置いて、外出なんて出来ない、という人は、子供が寝たあとで、友達と盛大におしゃべり・愚痴大会をするのもいいでしょう。

 

最近ではなんと「Skype飲み会」たるものがあって、

Skypeで皆の顔を見ながら、家の缶ビールやチューハイを飲んで楽しむ人もいるようです。

子供がもし起きたり何かあっても、すぐ対応できますからね笑

そして1人抜けても特に問題ありません。

 

お風呂に一人でのんびりつかるというのもアリです。

とにかく、自分自身を取り戻す時間がとれると、少し心に余裕ができますよ。

子ども同士で遊ぶようになる時期

3歳になれば、子供同士で遊ぶこともできる時期です。

思い切って幼稚園の就園前クラスに入れてみたり、保育園を考えてみたりしてはどうでしょうか?

幼稚園や保育園に子供が通うようになると、一人の時間が持ててかなり気が楽になります。

 

幼稚園や保育園には、まだ行かせられない、という事情のある方は、

児童館などの子供を遊べるイベントを探してみてください。

また、公園やプレイルームでも、少しづつ、親から離れて遊ぶようになってきますよ。

 

3歳児は手がかかるけど、一番甘えてくる時期です

幼稚園、保育園に通い始めても、最初は泣いて嫌がる子もいます。

帰ってきたら、お母さんにべったりで、家事をさせてくれない子もいます。

それも成長の1段階にすぎません。

 

自分を振り返ってみて、今、親がいないとだめだったり、

親にずっと話をきいてもらいたい、という人はそんなにはいないと思います。

 

どの子もそういうステップを踏んで、大人になっていきます。

あと5年、10年したら、この時期を懐かしく思うのかもしれません。

甘えん坊の3歳児の時期をどうか楽しんで過ごしてください。

■まとめ■

育児疲れの特徴
・子供に話しかけられるのに嫌悪感を抱く
・一日ボーッとしてしまう
・大人との会話に集中できない

対策
・自分の時間を確保する努力を
>>一時保育や託児ルームなどの利用
>>お風呂にゆっくり入る時間の確保
・人と会えない時は、Skype飲み会も流行りつつある
・そろそろ幼稚園や保育園を考える
・児童館のイベントなどを利用し、親から離れられる努力を
・楽しむ

スポンサーリンク.

 


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA