主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

1歳児が歯磨きを嫌がることの対策は?そして今は歯磨き事故が社会問題化している!?

1歳児にはトイレ、歯磨きと教えることはいろいろ。核家族なので育児経験のある

祖父母は遠くにいるし、父親は「母親の仕事だろう」という態度であることが多いものです。

初めての子供には誰しも苦労するものです。今回の記事は、1歳になった子供が

歯磨きを嫌がるが、どうしたらよいのか?また気をつけなくてはならない歯磨き中の事故についても触れていきます。

スポンサードリンク

1歳の息子が歯磨きを嫌がるのはなぜ?

だいたい、生後6ヶ月~1歳になると歯が生えてきます。歯磨きは歯がない

うちはやる必要はありませんが、下の前歯が2本生えたらしてあげましょう。

ところが、多くの子供が歯磨きを嫌がります。人は本能的に口の中に

何か異物を入れられるのを好まないのです。歯磨きに恐怖感を

持たれてしまうと、後々困るので安心感を与えるようにして磨いて

あげましょう。

 

歯ブラシ選びがまず大切です。柔らかい子供用の歯ブラシを

選びましょう。歯ブラシには先が球になっているものや、ギザギザにカット

されているものがありますが、最初の歯ブラシではこれらは避けます。

 

歯磨き粉にも注意が必要です。一番避けるべきは大人用のミント味の

歯磨き粉です。子供には刺激が強すぎて拒否されます。子供用のミント味でも

刺激があるくらいなので、メロン味だとかフルーツ系の味だとよいでしょう。

 

歯を磨くとき、子供の手に歯ブラシを握らせて、一緒に磨くようにします。

このとき力を込めてはいけません。子供の歯はまだ柔らかいので、だいたい

100グラム程度の力で磨いてやれば大丈夫です。

 

筆者の子供の場合、歯磨き嫌がったのでいつも聴かせると喜んでくれる曲を

かけながら歯磨きを教えました。楽しい音楽と一緒に歯磨きをさせて、

歯磨きを楽しいことだと記憶してもらえるように配慮しました。

 

歯磨き粉ですが、うちの子供の場合、味よりも歯磨き粉にプリント

されているキャラクターの絵を気にしていました。

スポンサードリンク

1歳児の歯磨き中事故が、社会問題化している!

歯磨きを覚えたら、自分で歯を磨けるようになります。しかし、目を離しては

いけません。実は、歯磨き中の事故が多いのです。喉を突くなどの事故です。

喉の奥には脳があり、そこが損傷すると命に関わります。

東京消防庁の発表では2014年、都内での5歳以下の子供による歯磨き中の事故が

40件発生しました。2010年から2014年では、合計207人が搬送され、

15%が入院しました。その中には命の危機にさらされたものもあります。

 

最も事故の多いのが1歳児で97人、続いて、2歳児で61人となっています。

事故原因で最も多かったのが「歩いたり、走ったりして転倒」

それに続いて「人や物とぶつかる」、「踏み台から転落」となっています。

慣れてきたころが危険なので、歯磨き中は子供のそばを離れないように

しましょう。

 

 

定期的な歯科検診を

定期的な歯科検診を受けましょう。実は生まれたての赤ちゃんの口の中には

虫歯の原因となるミュータンス菌がいないということをご存知でしょうか。

しかし、ほとんどの子供は、ミュータンス菌に感染してしまいます。

 

母親が子供にキスをしたり、その後はスプーンなどの使い回しで感染します。

定期的な歯科検診を受けさせれば歯にフッ素を塗付するなどの対策をして

もらえます。子供の今後の健康に関わることなので初期の対策がおすすめです。

 

なかなか歯磨きは奥深い問題ですね。1歳の課題は多いものですがなんとか乗り越えていきましょう。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA