主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

聖の青春の感想と評判まとめ「松山ケンイチに圧巻」「羽生棋士が乗りうつったような東出」

human-753185_640

話題の映画、『聖の青春』の感想と評判をまとめました。

村山聖という棋士が居たそうです。聖という名前をひじり、とつい読んでしまいそうですが、さとし、と読むみたいですよ。

私もまだこの映画を観る前ですが、この村山聖という棋士の人生と、なんと名優である松山ケンイチさんが演じられるというので大変興味を持っていました。

今回は見る前の情報として私が得た情報をシェアしていきます。

スポンサードリンク

聖の青春の感想と評判まとめ

聖の青春とは?

まず、将棋って?と、実は私も詳しくは知らないのです。身近にはなかなか見れるものではないような気がします。

ただ、Eテレで、日曜美術館の後に、囲碁の番組がありそれを少し見ていると、なかなか専門用語ばんばん、盤みたいなものに双方が碁をさしてゆく感じで、何が何やらさっぱり。

しかし羽生名人の名言集なんかよく読み感心していますし、将棋をやる人の先を読む頭脳には何か感じるものがありました。

 

村山聖という棋士は、「東の羽生、西の村山」と、羽生がまだ十代の頃、同年代であった村山は、天才同士そう呼ばれていたそうです。

これだけでも、村山聖という棋士がとてつもない天才であった事がわかりますね。

羽生さんの無敵ぶりを見ると、本当にそう思わずにいられません。そうして、お互いに切磋琢磨し、棋士の道を歩んでいたようです。

しかし、実は村山聖という方は、幼い頃に難病におかされ病床で『将棋』と運命的に出会うのです。病床で、自由に動けない状態の村山聖は将棋にのめりこみました。

そうして、プロの道を目指し、やはり天才であったのでしょう、羽生と同等に戦えるような才を持つ棋士になったのです。

 

しかし、この映画は単に将棋が主役ではなく、村山聖という享年29才の壮絶な棋士の人生を丁寧に描いた人間ドラマのようです。

スポンサードリンク

yahoo!映画の評点は3.49点とまずまずとなっています。(2016/11/23現在)

辛口のyahoo!でこれですのでまあ悪くないと言える☆の数ではあります。

やはり、配役の松山ケンイチさんがハマり役なのが非常に伝わってきます。グラフを見ると、配役がだんとつに高いようです。

鬼気迫る松山ケンイチの演技が期待できそうですね。実は、私は一度、数年前に松山ケンイチさんの本物を見る機会がありました。

ふらっとその場に現れ、ひょうひょうとした自然な方の印象があります。

松山ケンイチさんは、言葉少なにコメントをされ、周りの事務所の職員さん達、6、7人に囲まれながら風のように去っていかれました。

ちょうど、奥様が妊娠されていた時期だったようです。

話はそれましたが今回の感想を見てみましょう。

絶賛的な感想

「松山ケンイチが20Kg増量して挑んだ意欲作で見る前から傑作だとは思っていた。見て、シリアス一辺倒ではなくコミカルさも入れて退屈させなかった」
「小道具も実際羽生さんなどが使ったものを演出で使っていたようで良かった」
「松山ケンイチは圧巻!」
「一本調子だと思っていた東出さんが羽生をうまく演じていた」
「人間臭さが出ていた」
「こういう映画がヒットしてほしい」

「原作以上に松山ケンイチさんは村山聖であった」
「最後の対戦はつばを飲むのもためらうほどの緊迫感」
「東出さんも羽生さんの神経質さをよく表現」

「2人とも男優賞候補に間違いない。」
「羽生が乗り移ったかのような東出」
「将棋がわからなくても表情や緊迫感でどちらが追い詰められているか理解できた。」
「二人の棋士の戦いであり、松山と東出の俳優としての演技の戦いでもあったように思う」

「松山ケンイチの増量だけではなく、精神的な面でのアプローチの深さもすごい」

マイナス的な感想

「役者は良いが、監督・演出に深みがない」
「原作を改変していた部分が不満」
「東出さんを出したのは失敗」
「描写が浅い」

出典:https://goo.gl/CYnN9t

配役は非常に良い!と、絶賛されてましたが、原作本にない脚色、原作にある感動的な場面、そこが抜けているという感想もありましたが

そうではなく、描写も良かったという人どちらもいらっしゃいました。

ただ、絶賛している人の感想は非常に中身が濃くそして分量も多く、そちらの方がどうみても説得力があるものでしたので

これは良い映画に間違いないというのが伝わってきました。

たしか、NHKであったと思うのですが、私は映画化されるとは知らず、村山聖という棋士についてドキュメンタリーのような番組を見たのですが、

その時、羽生さんがこう語っていました。「中盤から終盤にかけて、常人では思いもよらない手を打つ。そんな才能をお持ちの方でした。」と、たしかこのような事を仰っていたように記憶してます。

今回ネットの感想を見ても、熱く感想を語っている人も多く、聖の青春という映画を観たい!という気持ちにかなりなりました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA