主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

今年の漢字2016の予想一覧と発表日時、過去の出来事をまとめてみた

girl-883016_640

今年の漢字の時期がやってきました。2016年はいったい何になるでしょう?

今年もズラっと予想一覧がいろいろなところで出ていますのでまとめてみました。

また発表日時、過去の一覧も見てみましょう。

スポンサードリンク

今年の漢字2016の予想一覧

今年の漢字とは?

説明不要かもしれませんが、日本漢字能力検定協会が毎年発表している1995年、そう、あの阪神大震災があった年からある

今年を漢字1文字で表したものです。去年は「安」でしたね。

「安」一文字からいろいろなことが連想できるわけです。安倍総理、安保法制、不安、とにかく明るい安村、安心してください~~~、

など、いろいろな人の思いがたった一文字で表現され、かつ来年安心できる年にしたいという願いもこもっているのでしょう。

なんとも奥が深いからでしょう、毎年注目され清水寺で、毎年決まった発表日時で公開され、筆で書かれます。

2016年の発表日

これは毎年恒例で清水寺にて12月12日14時に発表するということが決まっています。

今年も変わりません。晴れるといいですね。

2016年の予想一覧

毎年Tカードを発行する、カルチュア・コンビニエンス・クラブの調査を私は注目しているので紹介します。

11月30日に発表した、カルチュア・コンビニエンス・クラブによりますと以下のようになります。

1位:「変」7.2%
2位:「驚」5.2%
3位:「金」4.7%
4位:「不」3.7%
5位:「震」3.5%
6位:「乱」3.2%
7位:「輪」3.1%
8位:「倫」2.9%
9位:「災」2.6%
10位:「選」2.5%
出典:https://goo.gl/jfywgD

なるほどですね。

変は、EU離脱、トランプ当選、小池氏当選など変化の大きい年からきているようです。

そして個人的にはすごく昔に感じたリオ五輪の「金」が3位。なんだか去年のように感じます。今年いろいろありましたからね。

さらに熊本・鳥取・福島沖の大きな地震で、2016年は本当に地震の歳でした。すべて納得いくものです。

個人的は….「選」が希望があるからいいんじゃないかな、と思います。

が、ネットの予想はこれだけに留まりません。「赤」なんて予想もよく言われています。

スポンサードリンク

続・ネットの予想一覧

ネットでは次のような予想も言われています。私は思いつきませんでしたが、「赤」が多かったですね。

スポンサードリンク

去年までの漢字と今年の出来事を振り返る

去年までのをまとめました。

1995年 「震」 —阪神淡路大震災 地下鉄サリン・オウム真理教事件

1996年 「食」 —O-157集団食中毒・狂牛病

1997年 「倒」 —山一證券 経営破綻

1998年 「毒」 —和歌山カレー毒入り事件

1999年 「末」 —世紀末

2000年 「金」 —シドニー五輪 高橋尚子・田村亮子・野村忠宏選手等

2001年 「戦」 —9.11

2002年 「帰」 —拉致被害者帰国

2003年 「虎」 —阪神タイガースリーグ優勝

2004年 「災」 —台風上陸数最多の10。(今年は4)新潟中越地震

2005年 「愛」 —紀宮さま成婚、「愛・地球博」

2006年 「命」 —悠仁さま誕生

2007年 「偽」 —食品偽装

2008年 「変」 —リーマン・ショック・オバマ氏「Chenge」・総理大臣交代

2009年 「新」 —政権交代民主党へ・新型インフルエンザの流行

2010年 「暑」 —猛暑日が連続・観測史上1位の気温

2011年 「絆」 —東日本大震災・なでしこジャパン

2012年 「金」 —ロンドン五輪・金環日食・ノーベル賞ラッシュ

2013年 「輪」 —東京オリンピック開催決定

2014年 「税」 —消費税率が8%に

2015年 「安」 —安保法案、パリテロ、芸能人結婚ラッシュ、有名人のガンが多発

2016年 「?」 -不倫騒動ラッシュ、SMAP解散、金メダルラッシュ、EU離脱、小池都知事、トランプ大統領、熊本・鳥取・福島沖地震

「金」は2回、「変」や「震」などもすでに選ばれたことがあったのですね。

今年はなんでしょうね。いろいろありすぎて選びにくい….。ということで「選」なんて予想してみます。

それでは12日を楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA