主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

2歳の育児疲れは半端じゃない!?どう向き合ったらいいの?

まさに「魔の2歳児」といわれる時期に突入した、と感じているお母さん方も多いのではないでしょうか。

「いや」「やだ」連発の子と付き合って感じる、2歳の育児疲れを解消できる方法を紹介します。

スポンサードリンク

2歳児をお世話してて感じる育児疲れ

2歳ごろになると、自分の考えを表に出せるようになってきます。

でも、まだ言葉で気持ちを伝えることが上手ではないので、

自分の思ったことでないことはすべて「いや」「やだ」で表現してきます。

 

こちらの思った通りに動いてくれない、と思うと憂鬱な気持ちになりますね。

子供と接すること自体を嫌だなと感じたり、子供が何か言うだけでイライラしたりするようなときは、育児疲れかもしれません。

もういい加減にして!と怒鳴ってしまったり、逃げ出してしまいたいと思うこともありますよね。

 

育児疲れを感じた時の対処法

毎日、「いや」「やだ」を言われていると疲れてしまいますね。

そんな時には、少しでも、子供と離れる時間を作ることです。

 

休みの日の家族に子供を預けておでかけするとか、託児のあるイベントに参加するとか、

母親だけではない自分を取り戻すと気持ちも落ち着きます。

 

幼稚園や保育園で一時保育をしてくれるところもありますし、幼稚園に上がる前のプレクラスがあるところもあります。

そういったところをうまく利用して、息抜きできるといいですね。

 

家の中でも、子供が寝ている間の気分転換のバリエーションをためておくのはどうでしょうか。

好きな飲み物を飲むとか、好きな入浴剤を入れたお風呂でリラックスするとか、

音楽を聴くとか、ちょっとした時間でできることがたくさんあると、心に余裕ができます。

スポンサードリンク

完璧を目指さない

育児疲れになりやすい人は、完璧を目指す人が多いようです。

「午前中に公園に行かなくちゃ」「子供は9時には寝かせなくちゃ」と毎日それに縛られていては、疲れてしまいます。

その時の自分と子供のペースで、うまくいく方法が一番いい方法なのです。

子育てに正解はない、とよく言われます。

育児書もインターネットの情報も「そういう考えもあるらしい」ぐらいに見ておいて、

自分たちにあったものだけを取り入れるようにしましょう。

他の人も大変です

育児疲れを感じたら、一人で抱え込まず

周りやネットで自分と似た人を探してみましょう。

意外と驚くほど仲間がいるものです(笑

 

2歳のいやいや期に育児疲れをしている人はいっぱいいます。

だから、疲れて悩むのは当たり前のことなんです。

 

いろいろな「いやいや期」のエピソードを聞いたり読んだりしているうちに、

「うちもそうだわ~」「うちの子よりすごい子がいるのね」と思っているうちに、少し、気が楽になると思います。

 

子供は親を困らせたくて「いや」「やだ」と言っているのではないのです。

まだ、感情がうまく伝えられないだけ、それも心にとめて、一緒に悩み乗り越えていきましょう。

今しかない、後から思い出したら、かわいいと思える日が必ず来るはずです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA