主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

高嶋さち子さんゲーム機バキバキ事件の反応と教訓

バイオリニストの高嶋さち子さんの約束を破った子供に対する
「ゲーム機バキバキ事件」が炎上していて、賛否両論となっています。

当サイトの立場としては器物破損には否定的だけれど、学ぶところは十分あるということです。
ことの経緯から、その反応と教訓についてを紹介していきます。

スポンサードリンク



高嶋さち子さんゲーム機バキバキ事件の経緯

この件の経緯は簡単に説明すると以下です。

バイオリニスト高嶋さち子さんは、名前から想像できるように
高嶋政伸兄弟とは従兄弟の関係で、今回は東京新聞のコラムにて
ゲームを週末にしかやらない約束をしたのに、守らなかった子供に対して
ゲーム機をバキバキにして怒ったということを書いたことが発端です。

2月12日のコラムで、もう少し詳しく説明すると
基本的にゲーム機を与えない方針でやっていたが、
長男の友達の母親からゲームをプレゼントされ
特別に制限を設けて、ゲームをやらすことに許可を与えたのです。

土曜日の17~19時がその時間なのですが
ある日、金曜日に勉強を終えたからという理由でやっていた
長男のゲーム機を壊し、次男はチェロの練習をしなかったことに対して
ゲーム機をバキバキに壊したとのこと。

高嶋さち子さんゲーム機バキバキ事件に対する反応

この自ら告白した事件は炎上し賛否両論を巻き起こしている。
当然、批判の方が多い。

賛成的意見
「ダメなものはダメだと親がしっかり示す必要がある」
「これはこれであり」
「うちではこれは普通」

反対意見
「子供に他人のものを壊していいと教えていることに等しい」
「今は自分の思い通りなるが、反動となった時に恐ろしいよ」
「これはDVの虐待チェック項目に当てはまるのだが」

「金があるから出来る」
「破壊したことよりも、それを公にいうことが問題」
「破壊した自分を正当化して美談としていることが問題」
「音楽が好きだったけどこれ聞いて好きじゃなくなる」
「そのうち子供もゲーム機のようになる」
「そのゲーム機を写真で撮ってアップするところに病的なものを感じる」

と、批判の方が多い。

スポンサードリンク



学びはあっても裁くものではない

今回のゲーム機バキバキ事件は批判の方が多い。

筆者の私的な視点としては、上記の反応とかぶるところはありますが

・器物破損は良くない。ルールを破ればものを破壊していいことを学ぶ
・親の感情を学ぶのは重要。理性的であればいいというものではない
・結果として正しいこと、間違いなことは何をやっても生まれる
・子育てするものとしては、彼女の言動を正しいか間違いかなどと裁けるわけがない

筆者も、器物破損については否定的ですが、その他の点については
過剰批判につながらないようにしなくてはと思います。

というのも自分が子育てしていて思うのですが
正しいことだけを出来るのが人間ではないというのをすごく感じます。

そして、恐らく自分にも高嶋さんのように
怒り狂う性格が存在すると思うのですが
無理にそれを抑えて、やっていくことが正しい、というわけではなく
子供に自分という人間がこういう人間だという素を伝えていくことが
実は非常に重要だからです。

親が自分の個性をころして子育てをするのは違うのです。

なので、彼女の謝罪のコメントを期待するのは間違っていると思います。
これが法律違反でないのであれば
これはただ学ぶ事項であり、決して批判し裁く対象ではないと思うのです。

事実、親がヒステリックであったり、不条理であっても
立派に育った人をたくさん知っているからです。

教育というのは本当に難しく
こうやったら、こうなるという答えが単純ではないものです。

だから誰にも完璧には出来ないのです。
そして、100%一致する正しさも存在しないのです。

ゆとり教育においても多くが失敗と言われますが
それによって一部天才を生み出すことに成功しているのです。

結果として正しかった人と、そうでなかった人が何をやったとしても出てきます。
だからこの件からは学ぶことしか出来ないと思います。

■関連記事

教育とは何か?を親として考えさせられる10の名言

津田中学校の体罰問題から考える親と体罰について!勘違いしやすい綺麗事には注意!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA