主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

青春18きっぷ夏のおすすめルートはここ!

夏休みシーズンと言えば青春18切符ですよね。

青春18切符とは5日分11850円の普通・快速列車乗り放題の切符の事で学生がよく使うものですね。

よく間違えられますが青春18切符は18歳限定ではなく

全年齢対象の切符となります。

今回は青春18切符で夏に旅するのにオススメのルートを紹介します。

スポンサードリンク

青春18切符で夏に旅をするのにオススメルートについて

筆者は学生の頃に何度も青春18切符を使って旅をした経験があります。

その経験からまずは今まで特に達成感があったり

鉄道や旅がより好きになったルートについて紹介致します。

夏休みや有給休暇を重ねた長期休暇が取れた場合にオススメです。

■博多-札幌

鹿児島本線・山陽本線・東海道本線・奥羽本線などを通り

3日間かけて札幌へ向かいました。

地域ごとの電車の車両の違いや駅メロの違いを存分に楽しむ事が出来たほか

気候の違いも体感出来ました。

この旅にて筆者の人生観も変わりました。

端から端まで普通列車で行くことが出来たという快感や達成感が

大きな自信にも繋がりました。

飛行機の移動ではかなりの値段が掛かる大移動が11850円程度で済むので

かなりお得だと思います。

札幌は夏でも涼しいでしょうし、避暑地としてもオススメではないでしょうか。

■下関-京都(山陰本線経由)

山口県下関にて全て山陰本線を使い終点の京都に向かいました。

山陽本線と違い、本数も少なく、列車も遅く

制覇するのに2日も掛かりましたが

車窓から眺める日本海が非常に綺麗でした。

また、豊岡駅にて乗り換えるのですが

今までディーゼルカーだった車両から電車になった時に

非常に感動した記憶があります。

■江津-三次

島根県の江津から広島県の三次を結ぶ三江線のルートです。

三江線は2017年に廃線になる予定の路線です。

100km以上の路線が廃線になるのはJRが発足して初の出来事とも言われています。

今年の夏はゆっくりと三江線に乗る最後の機会ではないでしょうか。

この路線は筆者もまだ乗った事が無いので

今年の夏にじっくり楽しもうと思っています。

ところで青春18切符シーズンにしか乗れない

ムーンライトながらという夜行臨時列車は知っていますか。

スポンサードリンク

ムーンライトながらについて

ムーンライトながらとは東京-大垣間を結ぶ臨時夜行列車です。

青春18切符が使える期間しか走っていないため非常に人気のある列車になります。

そのため、中々切符が買えないといった事もあります。


*基準に基いて公開しています。

ムーンライトながらの切符を手に入れる際には

JR東日本の「えきねっと」やJR西日本の「5489サービス」

使って手に入れる事をオススメします。

 

いかがでしょうか。

折角、青春18切符で旅をするならお得に旅をしていきましょう。

今年は家族で18切符の旅で三江線を回る事をメインに

名古屋や東京まで行ってみるのもいいなと思っています。

■関連記事

青春18きっぷで北海道新幹線との併用は出来る?どれくらい安くなるか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA