主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

電力自由化は東京電力以外がお得なの?主婦が絶対理解したい6つのポイントと賢い選び方!

4月から電力自由化が一般家庭にも波及します。
筆者の周りでは東京電力以外に移るという人も多いです。
正直私もよくわかっていなかったのですが、先日猛勉強しましたので
知識をシェアしたいと思います。

旦那さんも多分、時間ない方なら理解する暇がないかと思います。
夫婦どちらかが理解しておきたいところ!
そこでなるべく簡単に理解するための6つのポイントを紹介します。

スポンサードリンク

電力自由化は東京電力以外がお得?

まず、電力自由化とは何か?ということですが、誤解を恐れず簡単に言うと以下のようになります。

■ポイント1:電力自由化とは電気の購入先を、一般家庭も自由に選べるようになること

ということです。今までは小規模工場以上の大きなところは自由に選べましたが
一般家庭も選べるようになります。
これにより、競争力が増します。

仕組みとしてはこうなります。
発電所が電気を発電 → それが送配電線などを通じてすべて混じる → 小売業者が電気を売る
という形となります。

具体的に別の商品で言えば…
ある地域で作られた米 → JAに集められ一緒になる → それぞれのスーパーやネット店が小売で売る
という感じでしょうか。

米の場合、全国だとブランド別になりますが、電気にブランドはありませんので
全部一緒です。そして電気の質に変わりはありません。

■ポイント2:小売業者は基本的にはセット割。電気単品では売られてないと思ったほうがいい

電気代が安くなるという名目で、電気代だけを売るということは今のところどこもしてこないです。
基本は「セット割り」
携帯電話キャリアならば、「携帯電話+電気」
ガソリン会社なら、「独自ブランドクレジットカード+電気」
など、他のものを売るために接点を持っておくという感じです。

そうなると必然的に選び方も見えてきます。

■ポイント3:自分が電気以外で最もお金を使うものがお得となりやすい

「セット割り」がほとんどですので、例えばガソリンをエネオスでよく使う
という場合はエネオスカード+電気、でポイントが優遇されやすいなどあります。

絶対とは言いませんが、自分がお金を使う業者関連が電気の小売をしているかが
ポイントとなります。

基本、料金を比較するなら、エネチェンジのサイトでチェックです。
https://enechange.jp/

ここをやればわかるのですが、変なものを選ぶと「割高」になることもあるのです。
しかし、ここのサイトのおかげで割安がひと目で分かりますね。

■ポイント4:検討する前に2つ準備

上記のエネチェンジを見るにも、電気の小売先をかえるにしても2つ必要なことがあります。

一つは、「電気料金のお知らせの伝票」を用意しましょう。
お客様番号から契約A、契約種別が書いてあるものです。
IMG_0663

そしてもうひとつ、スマートメーターが付いているかどうか、です。
これが必要なところが多いです。
筆者のマンションにはありませんでした。

twitterから拾いますとこんな感じ

デジタルの計量機能と通信機能がついているのが
従来のアナログ的なものとの違いです。(*通信機能は見た目じゃわかりませんが)

スマートメーターは電話すれば大抵は無料で取り付けてくれます。
そもそも2020年までに国としては全て切り替える予定なので。
立ち会いなしで20分くらいなので、本当に簡単です。

しかし、もしかしたら工事代が高く付いて一部を請求されることがあるかもしれないと
関係者は言っておりました。その事例を見たことはありませんが。
それも一応電話で確認した方がいいでしょう。

■ポイント5:基本料金や従量料金は従来よりほんの僅かに安いだけ。セット割りやポイントバックで安くなる

例えば、従来の東京電力の基本料金と従量料金を比較してみましょう。

例えばエネオスで言えば
基本料金はどのアンペアも全く従来の東京電力と同じ。
従量電灯が少し違います。

東京電力 エネオスでんき
最初の120kwhまで 19.43円 20.76円
120~300kwhまで 25.91円 23.26円
300kwhを超える分 29.93円 25.75円

となっておりますので、多く使うのであればお得となりますが、よほど多くない限り本当に少しですよね。
120kwhまでは独身でよほど家にいない場合ですね。

*エネオスなんかは契約手数料は無料ですが、もしかしたらとるところもあるかもしれませんので確認しましょう。

どちらにせよ、これらのことを知った上で
エネチェンジでシュミレーションすることになりますので
割高を選ぶことはないでしょう。

■ポイント6:チェックポイントは、ポイントとセット割

決め手はポイントとセット割りです。
ポイントは、Tポイントが付くところ、ポンタポイントがつくところ、その他ありますので
自分が現在よく使用しているポイントと関係あるところを使えばgoodです。
クレカのポイントと、Tポイント2重取りなども可能となるわけです。

これらを理解した上で、エネチェンジのサイトでシミュレーションすべきでしょう。
https://enechange.jp/

つまりここまでをまとめますとメリットとデメリットは以下のように言えます。

■メリット・デメリット■
■メリット
・きちんと選べば、割安になる
・ポイントやキャッシュバックなどお得になる
・選択肢が増える
・スマホで電気使用状態が確認出来る(設定によっては30分ごと知らせてくれる機能も)
■デメリット
・手続きが必要になる
・どれを選択して良いかわかりにくい
・下手な選択をすると、割高になる
・制度が細かいところまで整っているか不安

 

デメリットは、このサイトにあるような知識を得て
エネチェンジで検索すれば問題なく割安を選ぶことができるでしょう。

スポンサードリンク

電力自由化Q&A

細かいところが気にもなりますのでQ&Aを見てみましょう。

Q:切り替えするのに料金はかかる?

A:スマートメーターへの切り替えは国による取り組みですので、基本は無料です。
前述しましたように、よほど工事費がかさむような立地のところはもしかしたら請求がいくかもしれないと関係者は言っている程度で98%無料と思っていいでしょう。
また、新電力への切り替えによる事務手数料は、例えばエネオスなんかを見ても無料となっています。
すべてをチェック出来ていませんが、概ね無料での切り替えとなっています。

Q:電気供給が不安定になることは?

A:先ほどのお米の例で言えば、元となる発電所と送電線は代わりませんので電気供給は今までと同じ所の管轄です。
小売である、米で言えばスーパーやネット店のようなところの選択肢が増えることですので,小売のせいで電力が不安定になることはありません。

Q:でも小売業者が倒産したら?

A:これは制度があるわけではありませんが、過去、既に大型工場では自由化はやっているわけですが
1件倒産の事例があったそうです。その時は東電が担保したということで、基本はその地域の電力会社が担保し
勝手に止まるということはないでしょう。早めの切り替えが必要だとは思います。
その辺の明確な制度も今後、課題かとは思います。

Q:今のままだと損なの?

A:それはあなたの条件で、エネチェンジのサイト等で比較してみて分かることとなります。
関東であれば、東電は東電で恐らく何かしらお得になるプランを出してくると考えられますが遅れていて
今はエネオスや、AUなどがサービスは先行しています。

電力自由化、切り替え後の特典は?

どのようなお得がつくか?というところですが事例としては以下となります。

■特典の事例■

エネオス:
・エネオスカードで給油すると割引に
・さらにポイントも割高になる
・3/31までは早割で初月2000円引き
・Tポイント貯まる
>>とにかくガソリン使う人はお得

AU:
・スマホとセットで、AU WALLETの還元率が高い。最大5%

ソフトバンク:
・Tポイントがたまる
・スマホとセットで割安プランを用意

東京ガス:
・電気・ガス・ネット料金のトリプルセット割引
・パッチョポイント
・クックパドの有料サービスが無料に

 

ということで、その人の他のものの使用状況により
お得度もかわってくるわけです。

エネチェンジにて、1番お得なものがエネオスだったとしても
全くガソリンと関係ない生活をしている方なら、違う選択肢をした方が
実はいい、ということになりますので
これらのことから選び方は以下となります。

1,このサイトで最低限の知識を得る

2、エネチェンジでシュミレーションして、おすすめを見る https://enechange.jp/

3,割安なプランの中から、ご自身がよく使う、ポイントやカードなど個々の状況に一番マッチした特典のものを選ぶ

ということになります。

筆者は、迷いなくENEOSでんきです。
ENEOSでガソリンを給油しているなら断然お得だからです。
普通にプラン自体も使えば使うほどお得なものとなっておりますので。

以上、参考の上、電力自由化の波に乗り遅れず
最適な選択をしてください!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA