主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

長寿ホルモン「アディポネクチン」を増やす食品は?ためしてガッテンでも注目される期待の新星

最近、ためしてガッテンを始め、メディアで紹介されるようになった

別名・長寿ホルモンとも言われる「アディポネクチン」

学会でも認められつつあり、長寿の方は通常の人の2倍!存在しているというのです。

さすがに私も飛びついてしまいアディポネクチンを増やす食品・サプリをかなり調べましたのでシェアしていきますね!

スポンサードリンク

長寿ホルモン「アディポネクチン」を増やす食品やサプリ

「ためしてガッテン」や「主治医が見つかる診療所」で紹介された、長寿ホルモンとして最近注目を集めつつあるアディポネクチンは次のような特徴を持ったものです。

■アディポネクチン■

■特徴

・脂肪から分泌される分泌蛋白
血中濃度が他と比べて圧倒的に高い
・100歳以上の長寿の方の濃度が高い報告

■効能

・脂肪酸の燃焼
・糖利用の促進
・炎症の抑制
・メタボ・糖尿病・動脈硬化・心臓病・がんのリスクが低い
ヒアルロン酸分泌促進

■増やすには?

・適度な内臓脂肪で増える(太りすぎでは逆に減る。痩せ過ぎも少ない)
・運動で増える
・コーヒーでアディポネクチン分泌を促す効果が確認されている
・じゃがいもやトマトに含まれるオスモチンも期待できるのでは?と言われている(しかし実験ではコーヒーの方が効果があるという)
・食物繊維・マグネシウム・EPA(青魚、マグロ)・大豆タンパク・酵母が良いとされる

 

食品で言うならば、

・海藻サラダ
・ひじきの煮物 大豆入りならなお良い
・サンマやサバなど青魚とマグロ
・納豆
・豆乳
・ビール・日本酒・焼酎・ワイン
・醤油・味噌・キムチ・ピクルス・ヨーグルト・チーズ

と、お酒以外は健康的なものや、発酵食品が多いですね。

ビールがあってうれしいのは私だけではないでしょう…。

もちろん適量が大切ですからね。

しかしお酒のみすぎたりしたら違う意味では大変です(笑

ただし、よくよく調べたらやはり食品からの摂取では非効率であることがわかります。

毎日ビールを飲んでいる私…放っておいたら太ってきますからね(笑

アディポネクチンは効率的に摂ることで、はじめて血中濃度が高くなってきます。

効率的に摂ることを追及したサプリがあるというのが以下の動画で分かります。

長寿ホルモン「アディポネクチン」のサプリはあるの?

アディポネクチンは医学会でも非常に注目されていて

東大グループがアディポネクチン薬を開発されているとのことです。

 

言ってしまえば、長寿であるということは健康であるということで

健康体であるということは、アディポネクチンも良い量が体に存在するということです。

私は長生きはしたくないな~と思っていますが、いつまでも若くいたいという気持ちは人一倍強いです!

アディネポクチンは、ヒアルロン酸分泌促進や脂肪燃焼効果などからわかるようにバランスよい体型だからこそ存在します。

「短命でもいい~」なんて言いながら不健康を許容していたら、美容力もただただ落ちて、自分のことがどんどん嫌いになっていってしまい

死んだように生きることになってしまいますので、やはり健康は追及すべきだと痛烈に感じるこのごろです。

 

上記の動画のように、アディポネクチンを効率よく増やす良いサプリがあります。

いろいろ調べましたが、岡部先生は信頼できる先生で、

「かくれ肥満」という造語が流行語にもなった岡部正医師が開発したものです。

今回きちんと実験的に検証されたものから開発したということで非常に期待できますね。

テレビでおなじみの岡部先生が監修した本物のサプリメント

ネットの口コミをチェックすると

「家族に迷惑をかけないで健康でいるためにも摂り始めた。摂ってから体調を崩すことなくきている」
「病院で調べてもらったら確かに血液中のアディネポクチンは増えていました」
「身体が軽くなったように感じる」

出典:http://oshiete.goo.ne.jp/

といった声がありました。

長寿ホルモン「アディポネクチン」がほどよく血中にある生活習慣でいていつまでも若くいるには

やはり出来るだけ早く摂りたいですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA