主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

野口美穂さんがツイッターで引退宣言!なぜgoogleマップは人工音声になったのか?絶対知っておきたい便利ワザも紹介

googleマップを多用する私としては最近気づいていたことがあります…。

googleマップのナビゲーション音声案内の声が変わってしまったことに!

ついつい調べたのですが、元の声主である野口美穂さんという方がツイッターで

「今までありがとうございました」と引退をツイートしていました。

なぜgoogleはあの誰もが好む人間らしい素敵な声を人工的な声に変えてしまったのでしょうか?

スポンサーリンク.

野口美穂さんがツイッターで引退宣言!なぜgoogleマップは人工音声に?

野口美穂さん、実はその昔カンヌ国際映画祭の英語司会も担当経験がある

日英フランス語司会者もやったことがあるという凄い方。

バイリンガルであり、美しい声のされた方です。

 

ツイッターで多くの人がgoogleマップの音声が変わったことに気づき

「前のが良かった~!!」という声が高まった時

5月13日それを見かねたのか、野口美穂さんはツイッターで以下をツイートしたのです。

43歳の方ということですが

実は、goolgeマップに採用されると本人も知らなかったようです。

元々、海外ナレーションを請け負う会社に依頼されて収録したものが

後になってgoogleマップで使われていると気づいたそうです。(結果的に良かったのですが、本人に知らされなくていいものなのか…笑)

 

今回変更されることなどは知らされていないようですが

そういうことはナレーション業界ではあるそうです。

元々、音声は売り切りなので、ナレーション側がどうこうするものではないようです。

 

googleが人工音声に変えたのは、より細かな変化に対応出来るようになるためだと推測されています。

人の声だと、結局後から必要になった声を入れなおさなければならず

売り切り契約のナレーションだと、契約しなおしたりする必要があるため

それだったら、最初から人工ボイスでやり、アップデート・追加時も柔軟に出来るのでは

と推測されます。

でも、そうなると本当にロボットの世の中になってしまって味気ないですね…。

スポンサーリンク.

googleマップの便利ワザ

ついでですので、googleマップの便利ワザを紹介しましょう。

「地図を読めない女」なんて本が流行したことがありますが

本当に女性ってなぜか空間認識能力が男性よりも低いようで

地図で目的地にいくのが下手ですよね。

それはいろんな場面で痛感します。

そこでgoogleマップが大活躍します。

 

私もそうですが、下手に何万もするカーナビを購入するより

googleマップで目的地を入力してナビゲーションしてもらうほうが無料で

さらに精度も良い、ということを多くの人が知っているのではないでしょうか。

しかし、それだけではありません。

1,googleマップをカーナビ代わりにして問題ない

2,片手でズームアウト、ズームインが出来る!

ダブルタッチして、上にスライドすると大きくなり(ズームアウト)、下にスライドすると小さく(ズームイン)なります。
片手操作で便利!

3,立体的に斜めから見る

2本指で上にスライドすると立体的になります。歩いている時にこれは使いますね。
IMG_1673

4,PCマップではエリア内のおすすめスポットを表示してくれる!

検索内に「*」を入力するとおすすめスポットを示してくれます。
アプリではできず。

5,職場や自宅を登録しておける

検索窓左の「三」をタップし「マイプレイス」をタップし「自宅」または「職場」を選択して住所を入力すれば
次から自宅と検索窓に入力するだけでいけます。

6,別ルートも示してくれる

渋滞中で裏道はないだろうか…。ん?この道行ったら行けるのでは?
と思ったら、マーカーをドラッグしてみる。
そうすることで別ルートを示してくれます。

7,渋滞状況も示してくれる

ルートが表示された時に、右下の…をタップし「交通状況」をオンにすると渋滞しているところを赤で示してくれます。

 

いかがでしょうか。

何万もしていたカーナビが役割を終え、スマホのgoogleマップがナビをしてくれる時代となりました。

音声が機械音になったのだけが残念ですが

使いこなしていきましょう。方向音痴な女性の見方です!

■関連記事

ナイナイアンサーの梅干しダイエットのやり方と効果!バニリンって添加物じゃなかったの?

五郎丸選手のお嫁さんの写真がネットにはない重要な理由。SNSのリスクを家族と向き合うための2つの提案
スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA