主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

足の疲れに湿布がいいというのは嘘?本当?

立ち仕事が多いと、どうしても足って疲れますよね。

足の疲れについて、NHKのためしてガッテンで1月27日にもとりあげられていました。

それだけ身近な問題なんですね。

親がよく足の疲れには湿布がいい、と言っていたんですが、

古い考えなのか、本当なのか調べてみました。

スポンサーリンク.

足の疲れには湿布がいいらしい?

よく足が疲れたときは、足の裏に湿布を貼りなさいと言われて育ちました。

あんまり疑問に思わずに、貼っていたんですが、

ある日友達に、「それって意味があるの?」

と足の裏の湿布を指さして言われました。

 

確かに、熱を持っていたり、腫れているいるわけではないから、

冷やすことに意味があるのかしら?

とあらためて思ったのでした。

疲れた足に湿布を貼る意味

なぜ、湿布を貼ると疲れが取れるか、という点については、いくつかの説明を見つけました。

足にはたくさんの血管があり、その血管に自律神経が集まっている。それが、湿布でしげきすることで、反射が起きる

参照URL: http://www.glitty.jp/2014/08/039460biyou.html

足の裏には、立って歩くときに使う筋肉が集まっているので、そこに湿布を貼ることでクールダウンできる
参照URL:  http://momotaku.seesaa.net/category/6443121-1.html 足裏マッサージ

などが主な理由のでした。

スポンサーリンク.

どこに貼ればいいの?

立ち仕事などで足が疲れた時は、十分足の裏やふくらはぎをマッサージした上で、

足の裏、指の付け根のあたりに貼りましょう。

とくに、2,3,4番目の指、足の真ん中の指の付け根が効果的です。

あとは、土踏まずに貼ります。

 

なんと土踏まずにはることで、肝臓の働きを活発にし、むくみなども解消するとのこと。

そういえば、昔から親に貼れ、と言われていたのはここでした。

どうしてそれを知っていたの?と実家の母に聞いたら、

「なんでかな?ばあちゃんに教わったんじゃないのかな」とのこと。

代々伝わる秘伝だそうです(苦笑)

 

足の裏に湿布を貼っただけでは、どうも疲れが取れないというときには、

ふくらはぎにも貼ると効果的です。

 

湿布を貼る時に注意する点

寒い日には、十分体を温めてから貼ってください。

足の裏から体を冷やしてしまっては、逆効果になります。

冷湿布ではなく温湿布を貼るというのも手です。

 

血行をよくする、ツボを刺激するのがポイントです。

足の疲れをとってぐっすり快眠出来ると

次の日の朝の目覚めが全然違うものです。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA