主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

貝毒の症状出るまでの潜伏期間をまとめと注意すべき5コの事項!

あなたは「貝毒」をご存知でしょうか?
日本では昔から暖かくなり日中潮がよく引くようになる春先に潮干狩りが盛んに行われてきました。
しかし、その潮干狩りでしばしば大きな問題となるのがこの「貝毒」です。中毒症状を起こすと下痢や麻痺にとどまらず最悪死に至るこの貝毒について知っておくことで危険を回避できるかもしれません。
というわけでこの記事では危険な貝毒の症状や潜伏期間についての情報をシェアします。

スポンサードリンク

貝毒の症状出るまでの潜伏期間まとめ

貝毒とは?加熱しても毒は消えない!

貝毒とは貝の中に蓄えられた毒のことです。本来毒を持たない食用の貝類が毒を持ったプランクトンを食べることによって毒化してしまうのです。
とくに海水温の上昇と共に4月から5月にかけて毒性プランクトンが増殖しやすく、必然的に毒化する貝が増えます。
この貝毒は加熱調理により無毒化することが出来ないため、貝類の漁獲量に大きな影響を与えます。
ここがポイントですね!なんとなく「加熱すれば大丈夫」というイメージが食品にはありますが、そうではないということです。
毎年各都道府県の水産担当部局が調査を行い貝毒の危険性の情報を出しているため潮干狩りに行く際は情報を収集することをお勧めします。

一口に貝毒といっても様々な種類があり、
下痢性貝毒
麻痺性貝毒
神経性貝毒
記憶喪失貝毒

などそれぞれ症状も異なります。

潮干狩りなどの対象になるアサリは毒化すると下痢性貝毒や麻痺性貝毒を持つことが知られています。
食べると激しい下痢や吐き気、嘔吐を引き起こし、麻痺性貝毒は最悪の場合呼吸麻痺を起こして、死に至る事もある非常に危険な貝毒です。
他にもカキやムラサキガイなどでは、運動失調や脳細胞の破壊、そして記憶喪失を引き起こす貝毒が検出されることがあります。
その具体的なことについては後述するネットの反応を見てみればその大変さが伝わってきます。
記憶喪失って怖いですね!パスワードをメモッておかなければ、なんて考えてしまいました。

スポンサードリンク

潜伏期間はそれぞれ一般的に以下の通りです

下痢性貝毒・・・食後30分~4時間
麻痺性貝毒・・・食後30分
神経性貝毒・・・食後数時間後
アサリ毒・・・食後24~28時間

 

ネットの反応に見る貝毒のつらさ

ネット上でも貝毒に様々な意見が寄せられています。
以下ネット上の反応となります。

「貝毒に当たり体が動かなくなりしばらく目も見えなくなった。」
「中学時代、貝毒で死にかけた。幸いそれ以来当たった事はない。」
「蠣は1歳と言わず20歳になるまで食べさせない方がいいと思う。」
「貝毒かかったことあるけど、まさに切腹してるような痛さだった。もう勘弁」
「昔は河口で潮干狩りして採ったアサリを普通に食べれたらしい。」
「貝毒は熱に強いから調理しても毒が弱まらないのが恐ろしい。」
「毒の発生のせいで、潮干狩りで貝を採っても持ち帰れなかったことがある。」
「貝毒の影響で潮干狩り禁止になってる。」
「症状出たけど貝毒だったのか単に疲れてただけなのか分からない。」
「今日家で焼き牡蠣しておいしかったけど貝毒怖いなあ。」
「潮干狩り場が開場できなくてピンチだ。」
「今年は貝毒の影響であちこち潮干狩り中止になってるらしい。」

出典:twitter

貝毒の危険性について理解できたのではないでしょうか?
私も基本的に楽観主義なのですが、これらのことから潮干狩りの貝を安易に口にしないように気を付けなければと思いました。

とにかく注意したい5つのことは以下です。

1. 潮干狩りに行く際は情報をしっかり収集する
2. 4月から5月は特に貝毒に注意する
3. 持ち帰りを禁止されたら必ず守る
4. 加熱しても毒は無くならない
5. 食べてから一日たって症状が出ることもある

 

もし症状が出たら速やかに病院へ行きましょう。
潮干狩りはお子さんと楽しむ方も多いと思いますのでくれぐれもご注意ください。
ちなみに、市場に流通する貝は自治体等が検査済みなのでそれは安心して貝食を楽しみたいところですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA