主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

視力向上が100円メガネで出来る!?老眼阻止にピンホールメガネよりいいか?

視力向上が100円メガネで出来る?という方法にたどり着いたので詳しく紹介します。

最近、老眼というものが恐ろしいものだということを知った30代主婦です。

法事で60~70代の集まりの中にいたのですが、話題が老眼になったのですが

「近くだけじゃない、遠くもきつい。ピントをあわせることにエネルギーを大量に使う」
「気づいたら新聞を眉間にしわを寄せて酷い顔で読んでいる。それがいつもだ」
「ピント調整がきついからそのまま頭痛に繋がる」
「PCやスマホがキツイ」「本を読まなくなった」「若い頃からきちんとしておけばよかった」
「今の子の方が目を酷使しているから将来もっと大変になるかもね」

ええ….。筆者も子供の顔を見ている時間よりPCスマホ見ている時間の方が長い人間ですので危機感を感じました。

スポンサードリンク



視力向上が100円メガネで出来る?

上記の一件で私は老眼を始めとした目の病気が怖くなりました。

筆者はかなり目を酷使していますからね。今は若いので大丈夫ですが、いつか大変なことになるかも

と潜在的に思っていたのでお年寄りの会話は私にかなり響いたのです。

 

そこで調べてたどり着いたのが、最近『駆け込みドクター』なんかで紹介された

平松類医師が紹介する100円メガネを使った視力向上。

彼は、以下の本を出版しています。

いやー怪しい。最初はピンホールかなあ、と思ったのですが

覗いてみると老眼鏡でした。

平松医師が推奨する方法

彼の言っていることを素人ながら簡単にまとめると

禁止や老眼などはつまりは肩こりなんかと同じで、目の筋肉が凝り固まってなってしまうもの。

毛様体が同じところをずっと見続けることによって固まってしまうのが原因です。

 

PCで同じ姿勢を続けて、首がおかしくなったことがある筆者ですが

まさに目も同じことが起こっているのだと痛感しました。

首は1週間大変なことになったのですが、目も同じことになったら….

後は、「ドライアイ」も警告しています。涙がでないと、目を保護する機能が下がることなので

それが病気につながりやすいというのです。

 

言っていることは非常に私達、素人にわかりやすいので思わずうなずいてしまうことです。

それでは平松氏が推奨する方法を紹介していきます。

スポンサードリンク



平松氏推奨の老眼予防法は?

老眼に限りませんが、あらゆる目の病気を防ぐために

上記の、「毛様体のコリをとる」ということと「ドライアイを防ぐ」ということをするため

3つのやり方を紹介しています。

平松氏はYoutubeもアップしていますので非常にわかりやすい。

1,毛様体をリセット

■用意するもの
・+2の老眼鏡(100円ショップでOK!)

■やり方
・メガネをかけている人はその上からかける
・ピントが合わない状態で3mくらい先をぼんやりと見る

コツはピントを合わせようとしないことです。

これを見て思ったのは、よく「遠くを見なさい」というのは、ピントが合わないほどの遠くを見ることで
毛様体を休めることなので、この平松氏の老眼鏡と同じなのかな?と思いました。

都会だと遠くを見るのに遮るものが多いので、老眼鏡を使うと気軽です。

2,目のマッサージ

■用意するもの
・なし

■やり方
・メガネをとって
・動画のようにマッサージして油分の出をよくする

3,ホットアイ

■用意するもの
・40度位のホットタオルなど。タオルを濡らしてレンジでチンでも。(専用のものもありますね↓)

出典:rakuten

■やり方

・目の上に当てて5分程毛様体をほぐす

ということで、すべてお金をほとんどかけずに出来ることですね。

早速やってみました!

家に親の老眼鏡があったので早速やってみました。

ちょうど、昨日夜遅くまでPCをして目がつかれていたので絶好のチャンスです。

5分後…

うん…劇的というわけではありませんが、スッキリ感はありますね。

 

これで思い出しのですが、うちにはピンホールメガネもあって

眼精疲労対策で昔買ったのですがいつしか使わなくなっていました。

これはどうなんでしたっけ。

ピンホールメガネの効果は?

昔流行ったピンホールメガネですが

出典:rakuten

あらためて調べるとピンホール効果によって
毛様体筋(もうようたいきん)が休まる
>目を細めるのと同じ状態になるのでたいして毛様体を使わなくともものが見えるという仕組み
>全く使わないわけではないので、使いすぎずに目を使って作業をしたい時は省エネモードで出来るという感じ
虹彩筋(こうさいきん)が鍛えられる
>動向の周りの虹彩は光の調節をしています。これが鍛えられるというのです。

ピンホールメガネと老眼鏡どっちがいい?

老眼鏡でピントを合わせようとしなければ毛様体をよく休ませることが出来るでしょう。

ピンホールメガネは全く毛様体を使わないというわけではありませんので、

「何かを見る必要があり、かつ毛様体筋を省エネしたい時」に使うのが良いでしょう。

 

ピントを合わせようとしなければ老眼鏡は毛様体リセットに良いのではないかと思います。

ケースバイケースで使い分けるといいですね。

筆者も一日1回は毛様体をリセットする時間を作りたいと本当に思いました。

60代になっても70代になってもサクサクとパソコンをしていたいですから!

■関連記事

ストレートネック改善の枕をタオルでやるやり方!見た目・ホルモン・内臓すべてにおいて美容の敵

目からの紫外線がメラニン生成→シミ・そばかすとなるのはもう常識です!2分で分かる対策の知識

iPhoneブルーライト軽減機能はカットフィルムと比べてどうなのかAppleに聞いてみた

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA