主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

もしかして蚊アレルギーかも!?刺されただけで大変な人は検査をした方がいい?

蚊アレルギーという症状があります。蚊に刺されることで過敏に症状がでることです。

蚊に刺されて過敏に反応がでるなら蚊アレルギーかもしれません。

一度検査を受けてみましょう。

スポンサーリンク.

蚊アレルギーとは?どんな検査をするの?

蚊アレルギーは「蚊刺過敏症(ぶんしかびんしょう)」と呼ばれる症状です。

蚊に刺されることでEBウイルスが体内に侵入し、免疫システムを狂わせてしまいます。

その結果、強烈な腫れや発熱を伴う症状がでます。

ネットでも多く見受けられます。

そのEBウイルスなのですが、ヘルペス属のウイルスで日本人の90%以上が抗体を

持っています。つまり、どこにでもいるウイルスで、90%以上の日本人は過去に

感染して抗体を作っているのです。

 

EBウイルスはリンパ球の一つであるB細胞にまず感染します。大半の場合、これで

終わりなのですが、T細胞にまで感染が及ぶことがあります。そして、EBウイルスに

感染したT細胞が増殖することによって、長期間の発熱、リンパの腫れ、さらには

肝臓や脾臓の腫れ、肺炎、脳炎といった重篤な症状がでます。ここまでひどい症状を

「慢性活動性EBウイルス感染症」といいます。

 

上で述べた通り、これはアレルギーではなく感染症なので、「蚊アレルギー」というのは

不適切なのですが、世間に蚊アレルギーとして認知されてしまっています。

さて、蚊アレルギーの検査なのですが、受診科はアレルギー科がある病院がいいです。

皮膚科よりもアレルギー科のほうがより専門のためです。そこでの血液検査になります。

スポンサーリンク.

蚊アレルギーはどのように予防する?

蚊アレルギーは、EBウイルスに感染することによって引き起こされる感染症です。

EBウイルスは唾液に含まれ、他人の唾液に接触することで感染します。

キスで感染することから、一昔前にキス病などと週刊誌が報じていました。

 

慢性活動性EBウイルス感染症についてはEBウイルスが関係していることは

分かっていますが、詳しいことが分かっていません。どのように人間の免疫細胞に

寄生するのかメカニズムは未解明のままです。したがって、具体的な対策が

できない状況です。EBウイルスは多くの人が感染して免疫をもっていて無症状な

ことから、だれがキャリアか分かりません。予防法らしい予防法がないのが現状です。

 

ここからは完全な素人の余談ですが、

最近花粉を始めとしたアレルギー対策として、腸内フローラを整えることが効果があるとされています。

まだ国が正式に認めているとかではありませんが

腸内フローラ(腸内細菌叢)を整える、つまり善玉菌優位の腸にすることで

アレルギーが抑えられるという論文を書いている人もいます。

蚊アレルギーは予防法がないようですので、ヨーグルトで体内を良くすることで

対抗していくというのはどうか、と思った次第です。

■関連記事

小頭症の原因となるジカウイルスは日本で発生する可能性はあるか?

ジカ熱感染神奈川のどこ?今は心配ないけど絶対気をつけたい2つ恐怖

ためしてガッテンノロウイルス特集!99%撃退って本当!?血液型による感染率も気になる

インフルエンザの微熱はある意味要注意!

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new