主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

葉酸入りヨーグルトドリンクは妊活に効果はあるの?

2016年に朝食バナナヨーグルトという「葉酸」を含めた7種のビタミン(ビタミンC、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸)、アルギニン300mgなど妊活に必要そうな栄養素まで詰まった商品が販売されてある質問をいただきました。

妊活は便秘対策も必要なので「葉酸とビタミン、便秘対策になるのですごくいいと思いますがどう思いますか?」と質問されましたので調べてみました。

結論的にいうと、葉酸はしっかりサプリで摂るべき。それでこそ効果的。その理由をシェアしていきます。

スポンサーリンク.

葉酸入りヨーグルトドリンクは妊活に効果はあるの?

妊娠中に関わらずヨーグルトを毎日取っている筆者で、ヨーグルトの効果には本当に頭があがりません。

それは別記事でも書いてありますように、ヨーグルトで腸の状態が良くなることによって

無意識レベルで、ジャンクやお酒などを拒否しますからね。ヨーグルトすごい、腸すごい、といまだに感動しています。

なので毎日ヨーグルトドリンク飲むのは構わないことだと思うのですが、

「妊活」として「葉酸これ飲んでいれば安心」ということでは決してないということはお伝えしておきます。

 

葉酸は重要です。

天然葉酸ではなく、合成葉酸の摂取において、国レベルでの赤ちゃんの改善が数字として出ていまして

アメリカで50%減少(2004年)
南アフリカで30.5%減少(2008年)

の報告があり、日本でも厚生労働省が2002年から本格的に推奨するようになりました。 国として効果が認められているのです。(世界でも)

しかし、正しく摂取している人は2割ほどというデータもあり、まだまだ妊活の常識として浸透していないことが現状です。

 

誤解を恐れず推奨されている葉酸の摂取の仕方としては

1、妊活を始めると決めた時から

2、1日400μgを食事以外から合成葉酸をとる

ことが推奨されこれが効果的な摂取方法となります。もちろん過剰摂取は厳禁で、天然ではなく合成葉酸が認められているものであります。

朝食ヨーグルトドリンクが妊活に効果的でないと思う2つの理由

筆者はいちママということで、専門家ではありませんが、それでも2つ明らかな指摘が出来ます。

まず第1に、合成葉酸かどうかの記述がない、ということです。そもそも企業も「妊活のため」と明言しているわけではなく

ママたちの間で「妊活によさそう」と言われているだけです。

そして第2に、問い合わせたら葉酸の量は1本あたり「30μg」だそうです。

1日に妊婦が必要な量は食事以外で400μg。つまりこれだったら14本飲まなければなりません。

そんなに飲んだら良い便ではなく悪い便まで出そうですね。

ですのでたとえ合成葉酸であっても量が圧倒的に足りないのです。これを飲んでれば効果的ということはとても言えません。



葉酸を選ぶポイント

朝食バナナヨーグルトは実際美味しいですので、飲むなということではありません。

妊活のためにこれでOKということはないですよということです。

 

葉酸は真剣に妊婦は赤ちゃんのために飲むべきものと考えています。

もちろん飲んでいて実感とかはないですし、100%これで赤ちゃんが大丈夫という保証もありませんが

実際に国レベルで取り組んで、大きな数字の改善が出ています。ママが出来る必須事項だと思います。

葉酸のポイントとしては

・一緒に入っている素材がよいもの

・量が明確に記載されているもの

・ショ糖エステルが入っていない(かつて問題になったことが)

・ビタミンAが入っていない(過剰摂取になると蓄積され胎児に影響があります)

・ビタミンB6、B12、Cも一緒であればなおOK

 

この5つがポイントで、安物や手軽さで済ますのではなくきちんと選んで初めて効果的になると言えるでしょう。

私や、ママ友が好んで摂取していたのがベルタ葉酸です。

周りが使っている安心感と、実際原料・素材やサービス対応が非常に良かったので使っておりました。

以上、最近の朝食バナナヨーグルトに限らず、「乳酸菌」+「葉酸」等 で良さそうなものがありますが

しっかり量やその他を見て判断していきましょうということです。

ちなみに、筆者が調べた中で、葉酸サプリとして最も優秀なのは以下にあります「ベルタ葉酸」であります。

5種類くらい比較しましたが、しっかりと安心出来るもので、妊娠時は周りの人も飲んでいて話題になったものです。




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA