主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

葉酸サプリは妊娠前から必要な理由とその時期「妊活を決めたら飲み始める!」

葉酸サプリは妊娠1か月前から1日400μg取ることを厚生労働省も推奨しています。

最近妊活しているママから相談されることがありますが、やはり皆さん

葉酸サプリの重要性は妊活時に初めて知るようです。最近では妊婦さんが摂取するのが当たり前になってきましたね。

スポンサーリンク.

 葉酸サプリは妊娠前から必要な理由

「葉酸って効くの?」と言われると「効いた!」なんてことはよくわからないので言えません。

というのは、「飲まなかったことがなかったので比較できないから」

正直その効果がどうなのかというのは体感レベルではわかりません。

でも、厚生労働省が言っているわけですし、赤ちゃんのために出来る最大限のことのひとつとして

もう「必須」のことだと思っているのは私だけではないようです。

 

結局、根拠となるのは1992年の米DCDの勧告から発するものかと思います。

 「米国における、すべての妊娠可能な生殖年齢にある女性は二分脊椎や他の神経管閉鎖障害の発症を減少させるため1日0.4mgの葉酸を摂取すべきである。高用量の葉酸摂取はビタミンB12欠乏の診断を困難にするので、医師の管理下にある場合を除き、葉酸摂取量は1日1mgを越えるべきではない。過去に神経管閉鎖障害児の妊娠既往歴のある女性は神経管閉鎖障害の再発が高リスクでおこるため、妊娠を計画する時には医師に相談するべきである。」

厚生労働省もこれを根拠に2002年から推奨するようになりました。神経管閉鎖とは脳や脊髄が正しく成長できなくなる疾患です。

 

医学的なことはえらい人が言っていることを信じるだけであり、ママとして健全な赤ちゃんの発育のために出来ることのひとつが

適量の葉酸を摂取することで、妊娠中できたママ友で摂取していなかった人は私の周りではいませんでした。

 

葉酸サプリを取り始める時期も、理屈的にも、妊娠が分かった後では、遅すぎるとは言いませんが、赤ちゃんがすでにすごい勢いで細胞分裂をし始めているわけですから

その時にしっかりと葉酸が十分にある身体であったほうが良いのは言うまでもないでしょう。

ですから妊娠すれであろう一か月前。というか妊活することを決めたらもう飲み始めて良い、と言えるでしょう。



葉酸サプリを選ぶ3つのポイント.

今では葉酸サプリが世の中溢れるほどあります。

どれを選べばいいのか…ということになってしまいますね。

そのポイントとしていくつか紹介します。

 

ポイント1:量が明確である

量が明確でない場合、不安からたくさん飲んでしまうことがあるかもしれません。

葉酸の過剰摂取はかえって、食欲不振、吐気、むくみ、不眠症など引き起こし、赤ちゃんの発育にかえって悪くなってしまいます。

つまり量が不明確なサプリはそのへんが配慮されてないということです。

 

ポイント2:余計なものが入っていない

サプリといってもどうしても「葉酸以外」のものも入っています。

ショ糖エステルといったもので問題が起こったことが過去にあります。その他添加物は最低限であるべきでしょう。

 

ポイント3:ビタミンAが過剰摂取にならないように

ビタミンAが同時に入っているものもあるかと思います。

ビタミンAは体内に蓄積される性質を持つので、知らずに過剰摂取につながることがあります。

これは胎児にもリスクがあることと言われています。

 

いかがでしょうか。

以上3点のポイントがえられているサプリを選びましょう。

私は、そういう意味で無添加ですごく配慮を感じた以下の葉酸サプリを選びました。

最初はDHCでしたが調べていくうちにこちらの方が断然良いと判断したのです。

参考にしてください。




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA