主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

芸能人でよく聞く大動脈瘤破裂(だいどうみゃくりゅうはれつ)とは?身近な病気か調べてみた

先日、阿藤快さんの突然の訃報に驚きましたが、

大動脈瘤破裂が原因だったそうです。

最近、芸能人のニュースで大動脈瘤という言葉をよく聞くような気がします。

スポンサーリンク.

芸能人の訃報でよく聞くようになった大動脈瘤破裂とは

芸能人でよく聞く大動脈瘤。

米倉斉加年さん、大滝詠一さん、畑中純さん(漫画家)さん、阿藤快さんといった芸能人の方々が

大動脈瘤破裂が原因でお亡くなりになりました。

 

大動脈瘤破裂(だいどうみゃくりゅうはれつ)、その名の通りなのですが

大動脈にできた瘤(こぶ)が、破裂してしまった状態のことをいいます。

大動脈というのは、心臓から体の隅々に血液を送るための一番太い血管のことをいいます。

そこに瘤ができて、血管が正常の1.5倍以上に膨れ上がった状態が大動脈瘤です。

 

瘤(こぶ)ができる場所によって、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤などにと名前が変わってきます。

動脈硬化などで、動脈の壁が薄くなっているところに、

血流による圧力がかかることで、瘤ができます。

 

その瘤が風船のように破裂するのが大動脈破裂です。

大動脈ですから、そこが破裂すると多量の出血が起こって、多くの人がそのまま帰らぬ人となります。

 

こんな原因が考えられます

大動脈の血管壁が弱まってくるのが原因であることがほとんどですが、

原因がわからないこともあります。

動脈硬化を引き起こす原因としては、糖尿病、心臓病、脳卒中、そして肥満が考えられます。

 

また、年齢とともに血管が弱くなってくることもあります。

血圧が高いとさらに破裂しやすかったり、動脈硬化が起こり易かったりしてリスクが高まります。

スポンサーリンク.

大動脈瘤の治療法

拡張した大動脈瘤の治療法としては、開腹法と血管内治療があります。

開腹法は、20-25cmお腹を切って、大動脈瘤を切除し、人工血管にとりかえます。

血管内治療は、足の付け根を切開して、

動脈からカテーテルを入れてステントグラフトという管をを置き、

瘤に血液がいかないようにします。

血管内治療は入院期間が短くて済みますが、医師の技術が必要です。

大動脈瘤を防ぐためには

上に書いた原因を取り除くこと、と考えると、やはり生活習慣の改善が一番です。

また、喫煙も動脈瘤の拡張のスピードを速めるともいわれています。

一度大きくなった大動脈瘤は小さくなりません。

まずは大動脈瘤を作らない、作っても大きくしないことが大切です。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA