主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

肺炎と風邪の違いを知っておくのは重要!見分けるポイントはここ!

肺炎と風邪の違いは、親ならば知っておいた方が良いです。

かくいう筆者は非常に楽観的なので、何が起きてもなんとかなるだろう

という感じでいましたが、肺炎で亡くなった知り合いがいて

肺炎の知識があれば、早期で対策出来たことなので、気をつけたいと心から思いました。

スポンサードリンク

肺炎と風邪の違いはここを見よう

もちろん1番は良いお医者さんに任せることですが

ここでは、素人が予備知識として肺炎と風邪の違いを知っておいて、早期で危機感をもって行動出来るための

情報を提供します。

 

肺炎は死因別でも毎年3位か4位のもので

死に至る非常に怖いものです。

ただし、肺炎で死亡する人の92%は65歳以上の高齢者です。

やはり同じく抵抗力の低い幼児などを心配するべきでしょう。

 

■風邪の症状

風邪の症状といっても局所に表れるものに違いがあります。

・発熱

・咳

・タン

・鼻水

・のどの痛み

これらはよくある症状なわけですが、

咳が特徴的でしょう。喉からしている咳はたいてい風邪の症状といえるでしょう。

 

■肺炎の症状

最近では肺炎にも種類があって

覚える必要はありませんが、細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎、真菌性(しんきんせい)肺炎、寄生虫肺炎、大葉性(だいようせい)肺炎(肺炎球菌、クレブシエラ)、気管支肺炎(黄色ブドウ球菌、嚥下性(えんげせい)肺炎、連鎖球菌性(れんさきゅうきんせい)肺炎

といくつもありますが

その大まかな特徴としましては、

・全身倦怠感(けんたいかん)

・食欲不振

・一週間以上続く発熱

・タンが黄緑色、サビ色

・肺の奥からの咳

・肺の片方が痛い(療法の場合もあります)

など全身症状が特徴です。

 

咳、痰、胸痛、呼吸困難などの呼吸器症状が特徴的で風邪との違いと言えます。

とくに咳が肺の奥からするような感じであったり

片方の肺が痛い、と訴えるなら十分可能性があるものです。

スポンサードリンク

インフルエンザとの違い

またインフルエンザとの違いも見ておきましょう。

というのも、かかる病院が変わってくるからです。

 

肺炎に関しては呼吸器専門医のいる病院でないと対応出来ません。

ですので、肺炎なのに、小児科や内科に行くと、また出直さなければいけなくなるのです。

 

インフルエンザも、全身倦怠感があります。発熱も続きますが、

こちらは咳・タンがないのが特徴です。(風邪と併発する場合はそうではない)

また、タンの色について知っておくといいです。

■タンの色

白・・・風邪の初期段階

黄色・・・白血球が戦った後のものなので、これがだんだん薄まっているのでしたら治っている証拠

サビ色 見たことのないような色・・・肺炎の可能性がある

 

いっきに寒くなると、抵抗力が下がり、

風邪や肺炎にかかりやすくなります。

 

何が1番大切かというと、「免疫力が高い、健康な状態でいること」です。

多かれ少なかれ、菌や原因となるものはそこらへんにあるものです。

電車の中、教室の中、スーパー、家族、など人がいるところであれば必ず菌はあります。

かかるかかからないかの違いはやはり免疫力です。

ちゃんとしたものを食べて、睡眠をしっかり取れていて

体力がある体、であることが大切ですね。

 

体力のある部活の運動選手であっても、練習後の疲れきった体は免疫が落ちていますので気をつけてください。

昔、筆者の知り合いで強い選手が、練習後に人混みに紛れた後、

1週間寝込むことになったのを覚えています。

それでは今年の冬も健康に過ごせることをお祈りしております。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA