主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

テレビで連日取り上げられる腸内フローラ特集のポイントをまとめてみた

羽鳥慎一モーニングーショー腸内フローラ特集が3月9日に放送されていましたが
そのやり方が主婦層に大反響です。なぜこんなにも反響があったのでしょうか?

産後30代40代の女性にとっての最大の悩み

「なぜ私だけ老けているのか?」
「見た目が若い人を見るとすごく落ち込む」
「子育てで美容に手が回らない」
「どんどん老けていくのが分かる」

そう、この時期に直面するのは子育てとともに「女性の老化」と
戦うことになります。

blonde-1031534_640

羽鳥慎一モーニングーショー腸内フローラ特集のやり方が主婦層に大反響な理由

最近になって羽鳥慎一のモーニングショーや金スマ、その他健康番組でも
腸活や腸内フローラという言葉が聞かれるようになりましたが
ただ流行だからいいということではありません。

あなたの老化はもしかしたら腸のせいかもしれません!?

pregnancy-1000417_640 ➥ phonto

最近になって腸の重要な役割が見直されているのです。

それは科学的な根拠があってのことですので、多くの人に受け入れられています。

 

腸と老化が密接な6つの理由

羽鳥慎一モーニングーショーでも取り上げられた腸内フローラですが
ここ最近、腸の重要性が取り上げられるのは
腸が第2の脳と言われるくらい重要な働きをしていることがわかったからです。

ちなみに腸内フローラというのは、小腸の終わりから大腸にかけての
腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)で、様々な細菌によって構成される
まるでお花畑(フローラ)のようなことから名付けられています。
それは絶妙なバランスで保たれているのです。

そこで腸と老化が密接である5つの理由を挙げます。

 

その1:うんちが発酵から腐敗に変わり、活性酸素が多くなる!

腸内は善玉菌と日和菌と悪玉菌が2:7:1の割合であるのが理想。
善玉菌によって発酵することにより健康なうんちが出来て排出されますが
便秘によって、うんちが「腐敗」することになります。
腐敗すれば、活性酸素も発生しやすくなり、すなわち老化現象を後押しします。

その2:免疫力が落ちる!

免疫細胞はその60%が腸に存在すると言われています。
すなわち腸が乱れれば、免疫は落ち、老化を促進します。

その3:セロトニンが減る!

幸福ホルモンと言われるセロトニンは95%が腸からの命令で出る
と最近言われるようになっています。
腸が乱れると幸福感の減少にも繋がるということになります。
セロトニン不足が鬱病の特徴とも言われるように
幸福感が少なければ、老化が促進されることは
目に見えています。

その4:その他のホルモンに非常に関係している!

挙げたらキリがないので割愛しますが
血糖値調整、すなわち肥満関係、糖尿病、ガン、生活習慣病
などに関わってくることになる
様々なホルモンが乱れることになります。

その5:腸下垂による女性ホルモンの乱れ

生理前に女性ホルモンが乱れるのはよく知られていることです。
これはひとつの説ですが、腸が乱れ便秘になると腸が重みで下に下がってきます。
それによって子宮や卵巣を圧迫します。
圧迫されることによってそこから命令されて出る女性ホルモンが乱れるという説です。

その6:肝臓負担に結びつき、女性ホルモン低下

腸が乱れ悪玉菌が増えると、その毒素を濾すために肝臓に負担がかかります。
肝臓は女性ホルモンや副腎皮質ホルモン(コルチゾール)を作る原料となるところですが
負担がかかるとコルチゾールの生成が優先されるという報告があり
これにより女性ホルモンが低下します。

dev-879957_640

ということで、挙げたらキリがないとも思えるくらい出てきます。
キーワードとしては、「ホルモンの乱れ」「腐敗」「免疫力低下」というところでしょう。

個人的にも腸は幸福感と非常に密接だと考えまる。
腸内フローラはそれだけ人間に重要な役割を担っているのです。
flower-garden-250016_640

羽鳥慎一モーニングーショー腸内フローラ特集のやり方

そこで最近になって金スマや羽鳥慎一モーニングショーでも取り上げられた
腸内フローラを増やし整えるやり方ですが、ざっと説明すると以下のようになります。

1,食事の改善

2,スペシャルドリンクの提案

3,腸のゴールデンタイム

4,腸内フローラ活性体操

が主な内容となっています。

 

1,食事の改善

carrot-1085063_640

言うまでもなく食事は大切です。
簡単にいえば、バランス良く3食きちんと食べることですが
食品のポイントを抑えると発酵食品をおすすめとして挙げていました。

■発酵食品
・ヨーグルト(ビフィズス菌)
・納豆(納豆菌)
・みそ(乳酸菌)
・醤油(乳酸菌)
・キムチ(乳酸菌)
・甘酒(乳酸菌)

■水溶性食物繊維

・海藻類

■その他

・冷や飯

難消化性のデンプンを含みますので、胃で消化されず大腸まで届くのです。

もちろん偏り過ぎはよくないのでその点は注意してください。
あくまでバランスがあった上でこれらを取り入れていくということです。

2,スペシャルドリンクの提案

milk-1223800_640

これは金スマでもそうですが小林先生という
有名な先生が提案していることで

ヨーグルト:大根おろし=4:1
これにプラスしてはちみつで味をととのえるというものです。

3,腸のゴールデンタイム

bed-945881_640

この時間に意識してスペシャルドリンクを取り入れるなどするということですが
これは就寝前としています。

別の資料では「就寝前2時間」と記載されているのを見たことがあります。

この時間帯が最も腸が活発に吸収するとされています。

4,腸内フローラ活性体操

taisou

腸内フローラを活性させる体操として紹介されていました。

1,右手を骨盤横の上に置く
2,左手は左肋骨の下に置く
3,左右の手をもみながら腰を左右に8回ずつ回す(いろんな方向に回すとベター)
*腰が痛い場合、揉みながら上半身をねじるだけでも可

まさに腸のはじめと終わりを刺激している感じですね。

意外と出来ない腸活

最近は腸活なんて言葉まで出来て、腸にやさしい生活こそが
老けないで若さを保つことだという認識が広がっていますが
上記の羽鳥慎一モーニングショーのやり方で、難しいのが
忙しい人の、食事やスペシャルドリンクではないでしょうか?

忙しい私たちは意外とこの習慣続けるのキツイのです!

argument-238529_640

個人的にはやはりサプリでとっていくしかないと考えています。

どんなサプリを選ぶべきか?

楽をするという意味で、サプリは非常に便利ですが
もちろん適当に選んでも意味がありません。

どんな点に気をつけて選べば、腸内フローラが増えて、整うでしょうか?

筆者も様々なサプリを試しましたが、選ぶポイントとしては4つあると考えます。

1、様々な菌を含んでいる

2,大腸まで届く工夫がされている

3,余計な添加物がない

4,おいしくて続けられる

この4つが重要だと考えます。

 

この基準を満たしていて、筆者も使っているのが
宝仙堂の『美のフローラゼリー』です。

この商品は、特定の乳酸菌とか、ビフィズス菌に特化されたものではなく
腸内フローラ全体を考えて開発されたもので
かつ、大腸まで届くことを考えられて作られています。

口コミもよかったので筆者も実際試してみたわけです。

きちんと包装され、商品ページと全く同じものが届きました↓

IMG_0332 IMG_0333

IMG_0336 (1) IMG_0340

商品ページの通りプルンプルンとしたもので色やイメージも想定したとおりです。

IMG_0343 IMG_0346

味は、普通に美味しいです。カルピス?ヨーグルト?
美味しいので甘味を口に入れたいときに最適と行っていいくらい。

正直飲んだ直後に、大腸に何かしら現象が起きている感じがしました。

だからといって、緩んですぐトイレに駆け込む!といった
コーラックのようなことではありません。(一度コーラックで大変な目にあったことが…用事があるときに飲むものではありません)

この点が私としては好感でしたね。下剤とは違うんだと確信しました。

飲む時間帯はこの商品にも書かれているように就寝2時間前がベストとのこと。

すごく忙しい日に排便がない日もありますが
基本的に1日2回が普通になってきて
全体として、いいペースで改善されているな、という実感が確かにあります。

急速的なものではなく、緩やかな改善というのが好感しています。
下剤じゃないので(笑

そういう意味で、忙しい私としても
下剤のように飲んだら変なタイミングでトイレに駆け込む
ということもなく
ゆるやかに腸が改善されている実感があるので
今、非常に愛用しているサプリメントとなります。

便秘が治ったという以上に、1ヶ月たったところで疲れにくくなった感じがします。

忙しくて、羽鳥慎一モーニングショーで紹介されていたことを
きっちり出来ない人には良いものだと思います。

産後に老化する人、若くなる人の違い
もちろん心の持ちようや、子育ての負担の違いなど
あるかと思いますが
それらと相まって腸の乱れによるものだと筆者は確信しています。

girl-828607_1920

腸を良くするための行動、
あなたはしていますか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA