主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

紫外線から髪や頭皮を保護とケアしなければ起こる恐ろしい現象

紫外線のケアって大事ですよね。

日焼け止めなど肌対策に関しては様々な対策がありますが

実は一番対策をしなければならない場所は髪や頭皮なのです。

髪や頭皮を紫外線からケアしなければどんな影響を受けるのでしょうか。

スポンサードリンク



髪や頭皮を紫外線からケアしなかった場合について

一言で言いますと光老化現象が起こります。

光老化とは、紫外線が肌の奥まで入り込み徐々に細胞を壊す事で

実年齢とは関係なく老化してしまう現象です。

 

肌の紫外線ケアは日焼け止めクリームなどよく聞きますが

最も光老化が起きる場所は頭皮なのです。

酷い場合は髪の毛が抜けてしまい薄毛の原因にもなります。

 

また、紫外線は髪の毛にも影響を及ぼします。

紫外線が髪の毛の内部にあるメラニンを分解してしまうため

毛の色が変色してしまいます。

 

また、システィンという部分にも影響を及ぼす事により

枝毛や切れ毛などの原因にもなります。

なるほどです。

 

確かに日焼け止めなどの肌対策が目立つ中

中々頭をかばっている人は見かけないですよね。

筆者は帽子をかぶるだけでもそれなりの対策にはなると思いますが

他にどんな紫外線対策の仕方があるのでしょうか。

スポンサードリンク



頭の紫外線対策について

それでは髪や頭皮への紫外線対策を見ていきましょう。

1,帽子をかぶる

出典:rakuten

まず一番に思いつくのは帽子ですよね。

通気性がよく、つばが広い物の方が効果があるみたいです。

つば7cmに対して約60%(ハット型は65%)もの紫外線を遮断できるそうです。

ちなみにオススメは麦わら帽子です。

最近では紫外線+花粉も防止!さらに折りたためる
という広告をよく見かけます。花粉も防げるんですかね?
2,日傘をさす


出典:rakuten

白より黒の傘の方が紫外線が通り抜けしにくいようです。

しかし、夏場に黒の日傘をさすとスズメバチや蚊が寄ってきそうなのが怖いですが

まあ街をあるく分には問題ないでしょう。

 

3、日陰を歩く

日陰の紫外線量は日向の半分の量です。

 

4,頭用のUVカットスプレーを使用する


出典:rakuten

まだまだ認知度が低いために商品も少なく

人気がありすぎて完売状態のものも多いようです。しかしだんだん増えています。

スプレーをかけて帽子や日傘をさすと対策はバッチリですね!

 

いかがでしょうか。

UVケアも大切ですが、紫外線を浴びた後のケアも同じくらい大事です。

洗い流さないトリートメントと使うと良い感じらしいですよ。

UVカットスプレーの必要性がよくわかりましたね。

以下の記事も参考に。

■関連記事

目からの紫外線がメラニン生成→シミ・そばかすとなるのはもう常識です!2分で分かる対策の知識

目を蝕む紫外線は子供こそ気をつけなければいけないという事実!

12月の紫外線に油断した結果….冬こそ大きな落とし穴が

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA