主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

節分の豆まきの仕方は?意外とおろそかにされてる5個のルール!

節分の豆まきのちゃんとした仕方って実は細かいところまでは分かっていないものですね。
子ども会などで主催する立場になったときに初めて気づくものです。
そこで、豆まきの意味やルールなど調べたことをシェアします。

スポンサーリンク.

節分の 豆まきの仕方

毎年何気なくしている豆まきですが、その意味やルールがあることをご存知でしょうか。豆まきの仕方をまとめてみました。

豆まきの意味や目的

昔から、季節の変わり目は邪気が入り込みやすいと信じられていたため、その邪気を追い払う目的がありました。

節分は、季節の変わる前日を指します。時期的に春、立春の前日ですね。
旧暦では、1月1日が春の始まりでしたから、節分は今でいう大みそかに当たりました。

新暦になり、2月3日となりました。

また豆は童話や伝説として、鬼の目をつぶして追い払うものとして描かれます。
昔の人が実際、鬼みたいな人や何かを豆で追い払ったのでしょうか?
分かりませんが、鬼を追い払う象徴として「豆」は語り継がれているのです。

豆まきの使う豆

豆まきには必ず炒った豆を使いましょう。炒った豆を使うのには2つの理由があります。
まず、1つ目は、鬼を射る(=炒る)為です。
2つ目は、生の豆から芽が出ることを不幸の芽が出ると言われるため、その芽を断つ為です。
縁起を担ぐためにも、生の豆は使わないようにしましょうね。

意外と知らない5個のルール!

・2月3日の節分の夜に行う
・その家の主が行う(年男・年女、厄年の人がまく場合もある)
・玄関の中から外にまいた後、部屋の中に向かってまく
・豆をまく時は「鬼は外」「福は内」の掛け声を掛ける
・年の数より1つ多い数の豆を食べる

豆まきの仕方まとめ

0、準備として豆を炒る。年男・年女・厄年の人、誰がまくのか決める
1、玄関の中から外に向かって、「鬼は外」と言いながら豆をまく。3回(トイレや風呂も)
2、部屋の中から外に向かって「鬼は外」と言いながら豆をまく。3回
3、玄関の外から中に向かって「福は内」と言いながら豆をまく。3回(トイレや風呂も)
4、部屋の窓を閉めて、中に向かって「福は内」と言いながら豆をまく。3回
5、自分の数え年の数だけ炒り豆を食べる(だいたい年齢+1個の人が多い)

*2回という説もあります。

以上が豆まきの仕方となります。

豆まきのエピソード

ネット上に投稿された豆まきのエピソードをいくつか紹介します。

小さな子が力いっぱい豆をまく姿が可愛いですね

みんなで鬼を退治できるかな?頑張れ!!


小さな手に豆を握って元気いっぱい「鬼は外」

お父さん鬼を撃退するぞ!

毎年、何気なくしている豆まきにもきちんとした意味があり、その仕方にも順序や決まり事があります。(地域により、違いはあります)
豆は外に向かってまくだけでなく、福を呼び込むために中に向かってもまくんですが家が掃除が面倒という理由でやらなかったりしますがしきたり通りやってみたいと思います。
みなさんは豆まきの仕方を知っていましたか?次に豆まきをするときは、単なるイベントとしてではなく、その意味を考えながらやってみると良さそうですね。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA