主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

端午の節句の兜の意味と値段の相場を調べてわかったこと!両家が揉めないために知っておくべきこと

もうすぐ端午の節句。初節句のご家庭は兜など、様々な準備に追われて大変な事でしょう(うちです笑)

ところでどうして端午の節句に兜を飾るのでしょうか。

どんな意味があるのでしょう?そのまま武士の伝統が来ているだけではないような気がしますが。

スポンサーリンク.

端午の節句に兜を飾る意味とは

端午の節句に兜を飾る意味はやはり武家時代から来ているようです。

武士にとって鎧や兜は自分の身を守るための大切な道具だったため

命を守る象徴として呼ばれ、男の子を事故・病気・災害から守って欲しい

という願いを込めて飾られるようになりました。

 

端午の節句の時に兜を飾るのは元々は武家の風習だったようです。

武家社会では5月になると家に旗幟や吹流しを立てて

座敷には武具を飾っているのが通例でした。

 

この習慣は想像通り、鎌倉・室町時代には行われていました。

梅雨になる前には手入れを行うために飾っていたみたいですね。

外からの災いを防ぐために飾り始めたという説もあります。確かに家の前にライオンの像とか置いている

マンションや、沖縄のシーサーを飾っている家がありますが、何となく心理的に入りにくい気持ちになるので

「こういうのって効果あるな~」と思ったものですが、武具や兜も置いてあるだけでなんだか怖いですよね。

今風に言うと「防犯」ですが(笑 そういうとイメージ下がりますね。

 

ただ、実際に「端午の節句」が定着したのは江戸時代と言われていて、

武家社会の真似を庶民がしたことによって風習として定着したという説が有力です。

この話の流れは平安の宮中の真似をしたお雛様と流れが似ていますね。

 

鎧や兜は当時の庶民にとっては高級品なので張子などの作り物で代用していました。

この際に兜の頂の部分に勇ましい人形の細工物を載せた事が五月人形の始まりと言われています。

 

なるほどです。

武士の風習が庶民に伝わったのがきっかけだったのですね。

しかし、今も昔も変わらず兜って高いですよね。テレビで職人さんが細かいところまでしっかりと

作りこんでいるのを見たことがあります。あれは高くて納得というものでした。

しかし、3Dプリンタとかが出てきた今では値崩れとかありそうですね…。

兜の値段や相場はどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク.

兜の値段や相場

一般的な値段は1万~40万です。やはりこだわる家庭は祖父母がこれをプレゼントすることも多いです。

なかなか子供が小さくていろんな費用がかかっている時に20万円出費したくない、という人が多いのではないでしょうか。

調べると、楽天市場で安い値段で人気のある兜は16000円台のようです。


出典: rakuten

見た目からしてコンパクトな感じですね。

パッと見、素材これでいいのかな、なんだか柔らかい感じだな、と思ったのですが

それが売りのようで、レビューも悪いものはありませんでした。

筆者が見た時の一番人気は以下


出典:rakuten

これが一番値段と見た目のバランスが取れている感じはしますね。触ってみなければ分からないところもありますが。

ランキングは以下。
★兜飾りの楽天ランキング★

本格的な物で一番人気のあるものはやはり37万くらいするようです。

私がイメージしていた大河に出てくるようなものはやはりこれくらいするのですね。

ちなみに価格.comで一番安いのは7000円でした。

 

これらのことからわかったのは、

■まとめ■

・世の中の傾向としては4万円ほどのコスパがバランスの取れたものとして1番人気
・現代では、柔らかくて、怖くないタイプのものも人気
・本格的なものは20~40万する

 

というところですね。

そして、多くが祖父母が用意するのですが

関東では、父方の家が用意(ひな祭りは母方)
関西では、母方の家が用意(ひな祭りも母方)
という風習が強いようです。

人によって思いが違ったり、気遣いするため、これで揉める家庭は多いそうです。

上記のことをもとにうまく相談していきましょうね。

筆者の家でも、女の子の初節句は揉めました。

夫婦だけでなく、お家が絡んでくるとどうしもていろいろ考えすぎて揉めるんですよね。

まあそれも過程を作っていく上での醍醐味なのでしょう。

■関連記事

端午の節句の食事とやり方を3分で理解!

ひな祭りに出す食事の由来に思わず感心!日本の伝統って面白い!

産後は夫婦別室か?同室か?ネットの意見を集約した結果見えてくるもの

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA