主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

秋のハンドケアを怠らなければ、冬の辛さも乗り越えやすい!

肌寒く感じる日も増えてきましたね。

食器を洗うのに、お湯をつかっちゃったわ、という方もいらっしゃるのでは?

秋こそハンドケアに力を入れてほしいのです。

スポンサードリンク

秋こそハンドケアを。乾燥はすでに始まっている

冬の冷たい風ほどではないですが、空気はだんだんと乾燥しはじめています。

手を洗ったあと、濡れた手を自然乾燥させたりしていませんか?

手についた水が蒸発していくときに、手の表面の水分も一緒に蒸発していくので、手の乾燥が進みます。

肌寒さを感じるようになってきたら、肌にたまった夏の疲れをいやしてあげる季節と気持ちを切り替えて、ハンドケアを始めましょう。

 

手袋、保湿クリーム、そして?乾燥を防ぐアイテム

食器洗いの時に、お湯を使い始めている方もいらっしゃると思います。

お湯で洗うと、水で洗う時よりも皮脂を流しやすいので、さらに乾燥が進みます。

食器洗いのときには、ゴム手袋を着用するようにしましょう。

 

手袋の素材で肌荒れを起こしてしまう人は、木綿の手袋を下につけてからゴム手袋を使うとよいでしょう。

木綿の手袋は、薬局、ホームセンター、そして、100円均一などでも扱っています。

また、食器洗いや水仕事のあとには、よく手を拭いて、保湿クリームをぬりましょう。

寝る前には、化粧水で水分を補給してから、保湿クリームでバリアーをつくってあげると、しっとりした手になります。

 

スポンサードリンク

マッサージ、角質ケアもわすれずに

ハンドクリームを塗る時に、ただ薄く延ばすだけでなく、指先や手のひらなど、

マッサージをしっかりして、血行をよくすることも大切です。

 

また、2週間に一度は角質ケアも忘れずに。

お風呂の時に塩を手に乗せ手のひらをこするようにすりすりするだけで、手のひらの角質がきれいになります。

きつくやると肌を痛めることになるので、やさしく行ってくださいね。

もちろん、塩はそのあと、洗い流して肌にダメージを与えないようにしましょう。

 

角質ケアのあとは、肌が乾燥しますので、しっかり保湿して、ハンドクリームでカバーしてあげてください。

冬にもつなぎたくなる手を目指して、毎日、しっかりお手入れしていきましょう。

 

秋の新作もいっぱい、ハンドケア用品

秋はやはりスキンケアに気を付ける時期のようで、

各社、期間限定の商品や新製品をだしています。

ハンドクリームや保湿クリームもいろいろと発売されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

秋の後半から冬にかけて、ケアしている人とそうでない人の差は歴然となりますので

今から是非対策を!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA