主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

産後の抜け毛地獄に出来る対策まとめ!結果をすぐ求めると大変になるので絶対に守りたい6つのこと

産後の女性の身体の変化は、人にもよりますが

少なくとも私はまるで老人になったかのようでした。

その中でも特に衝撃だったのが抜け毛、爪の弱りです。

今回抜け毛に関して私がたくさん調べ、実践したことをまとめます。

スポンサードリンク

産後の抜け毛地獄は半端ない

産後の排水口に愕然とします。

半端ない髪の毛の量!そして、普段も髪を書き上げただけで少し抜けるし

鏡に映る自分がなんだかおでこが広くなったような

分け目の白い部分が広がったような…。

 

これは美容を意識している人なら、急激な衰えに

愕然とするものです。

が、こういうものと知っていればそれなりにショックは和らぐものです。

とは言うものの、筆者の場合は1人目よりも2人目の方が酷くて

このまま禿げてしまうんじゃないか、と

被害妄想に陥り、勝手に機嫌が悪くなって、旦那に意味もなく当たり散らし

子供にも態度が悪い時期があったので反省しております…。

 

そんな、普通の筆者ではありますが、

さすがに2人目の酷い時に調べに調べたのと

身内に美容師もいてアドバイスを受けたのでそのことをシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

産後抜け毛対策の3つの心構えと、6つの知識

まずは心構えです。

産後に抜け毛が酷くなるということを知らなかった人がなると

精神的ショックは3倍くらいになりますよね。

 

精神的ショック、大きなストレスはホルモンバランスをさらに悪化させ

肌にも良くない事態となります。

ですので、心構えとして次の3つが必要になります。

 

1,産後抜け毛がひどくなるのは普通のこと(女性の7割以上が経験)

2,大抵は自然と戻る

3,急性的処置をしようとするのは絶対ダメ!

です。

特に急性的処置で、誇大広告された育毛剤を使うのは絶対NGです。

アルコール度(エタノール)の容量が多いもの

特に90%とか入っているものもあります。

 

また、母乳の時期でもありますから

赤ちゃんに影響するようなものを接種したり、変なものをつけることは

普通は抵抗あるはずですから、変な成分使っているものに手を出してはいけません。

非常に肌に悪く、肌質を変化させてしまうこともありますので

絶対に変なものには手を出さないようにした方がいいです。

 

経験上、すぐ結果が手に入るものに手を出すと

長期的に苦労するというイメージがあります。

あと秋は、産後でなくとも髪の毛が細くなりやすく

抜けやすいというのは産後でなくともあります。

 

■6つの知識

・ストレスを変に溜める考え方をしない

・きちんとした栄養を整えるように努力する

・まずは保湿をきちんとする

・変なものは接種しない

・育毛系のものは、アルコール容量が多いものは避ける

・女性ホルモンに良い食事を積極的に摂る

やはり考え方というのは非常に重要で

神経質になりすぎると症状が悪化しやすい傾向にあります。

「いつかは戻る」「どうにかなる」といった自然に任せ

自分の回復力を信じる力はホルモンや血液循環などに影響を及ぼしますので

重要です。

 

そして、栄養がやはり鍵となります。

特にタンパク質ですね。産後は太る人も多いですが

きちんとした栄養をとって太る分には良いでしょう。

女性ホルモンの関係あるイソフラボンを含む、大豆関係が特に良いでしょう。

お菓子やパンばかり食べて太ってはいいことはありません。

 

育毛系のものは、自然成分で塗るタイプでしたら使ってよいでしょう。

ただしアルコールの割合が多いものは避けましょう

できるだけ自然の成分を使ったものでケアをするというつもりで。

やはり美容師に言わせると、皆、急性的な処置をしたがり

それで髪を痛め、毛根に悪いことをして

長期的に悪い方向に行くと言います。

 

ケアして1ヶ月とかで改善するわけではありませんが

私も以下の商品を試して、半年~10ヶ月程で

それなりに気にならないレベルになっていったように感じました。

自然に治ると自分であまり気づきませんが

気づいたら気にならなくなっていて

結局、変なことをしなくて良かったと思っています。

市販のものでケアしながら

自然回復するのを待って

そのあいだは、前髪のスタイルや、ファッションで

カバーしていくのがいいですね。

産後で大変かと思いますが、うまく乗り切っていきたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA