主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

産後に骨盤は自然に戻ることはない!?甘い認識だと後悔するかも対策が必要です!

出産後、赤ちゃんは出たはずなのに、ポッコリお腹。

これを何とかするには、骨盤を戻すことが大事って聞くけど、

自然に戻るものじゃないの?….というのは甘い認識でした。

スポンサードリンク

産後の骨盤は自然に戻る?

出産のとき、赤ちゃんを通すために、骨盤は開きます。

これは、帝王切開で出産した人も同じことで、

赤ちゃんが下に降りてくるのに合わせて、骨盤は徐々に開いて、赤ちゃんを通しやすくします。

 

骨盤が開くのは、ホルモンの作用や重力によるものですが、

では、出産が終わったら、自然に元に戻る、のじゃないかと思いますよね?

 

実は、妊娠・出産の間で、骨盤を支えている靭帯が緩みますが、

それをしめる向きには、筋肉がないのです。

そのため、骨盤が自然に戻ることはないのです。

骨盤はなぜ戻さなくてはいけないか

骨盤が開いたり、ゆがんでいると、さまざまな不快な症状が出ます。

・腰痛
・恥骨痛
・尿漏れ
・便秘
・O脚
・肩こり
・生理痛の悪化
・お尻やお腹がポッコリする

それを防ぐために、と産後すぐに、おへそのあたりをぐっと絞るガードルなどを使用すると、

本来骨盤の中にいるべき臓器も位置がずれてしまうことがあります。

骨盤の下をぐっと支えるベルトのようなものがおすすめです。

スポンサードリンク

骨盤を戻すにはどうしたらいいのか

最近は多くの産婦人科で、骨盤ケアに取り組んでいます。

産後だけでなく、妊娠中も負担の少ない骨盤ケア・骨盤体操などを

取り入れているところもあるようです。

 

そこで、推奨されているのが、産後すぐの骨盤の固定です。

骨盤ベルト(とこちゃんベルト)や、晒などで、骨盤の下をしめて骨盤を固定します。

これは、出産後できるだけ早くつけた方がいいので、

分娩台を降りるときに、つけてくれる病院もあるそうです。

 

その他、骨盤体操など簡単なエクササイズを定期的に行うことも、

骨盤を戻すのには、効果的です。

 

代表的なものを紹介します。

・腰をぐるぐる回す
足を方の幅に開いて、腰に手を当てて大きく回します。左右10回ずつ、口語に行いましょう。

・上半身を前に倒したり、後ろにそらしたりする。
ラジオ体操でおなじみの体操です。

これらの体操を、産後動けるようになったら、毎日続けると骨盤の戻りも早くなります。

よくみる簡単な体操なので安心したのではないでしょうか?

 

もし、産後しばらくたっているけれど、上記の不調を感じる人はこれからでも、

運動してみると改善される可能性が高まります。

ぜひ、やってみてください。

 

筆者は結局忙しさにかまけて、簡単な運動なのに

おざなりにしてしまいましたね。

やはり専用ベルトを使うのが手軽でいいかもしれませんね。

産後は忙しいので、手軽に出来るものでやりたいものです。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA