主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

片岡愛之助さん藤原紀香さん結婚発表!経緯と美容法を振り返る

片岡愛之助さんと藤原紀香さんの結婚報道が飛び込んできました。

明日31日に2人での会見がされるそうです。陣内さんや熊切さんはどのような気持ちで見ているのだろう…

というところですが、有名人からは学ぶものは学ぶというスタンスで今回の報道を見守りたいと思っております。

今回の経緯と紀香さんの美容法を振りかえりましょう。

スポンサーリンク.

片岡愛之助さん藤原紀香さん結婚発表までの経緯

片岡愛之助さん藤原紀香さん結婚発表まで2人とも事前にスキャンダルはあったはあったのですが、

こうして堂々と報道陣の前に現れます。

こういうのは一般人でもいろいろな遍歴があった上で結婚に至るわけですからやはり学びがあるわけです。

 

もしかしたら一般の方の中には、陣内さんや熊切さんの過去があるくせに…みたいなことを思う人もいるかと

思いますが、私達一般人も、何回かの恋愛の末、結婚しているわけで

過去のものをどうにか精算していることには変わらないのです。

 

日本伝統芸能、いわゆる人間国宝でもある片岡愛之助さんは

歌舞伎だけでなく、俳優としても半沢直樹でのブレイクをはじめ大活躍をされています。

LOVE理論も面白かったですよ~。半沢直樹のオネエだけでなくあのドラマも是非見て欲しい(笑

去年2015年熊切さんの涙の会見などがあったわけで、

世間からは熊切さんを曖昧に切った冷たい男と思われている面もありますが

一方で熊切さんの一方的な思い込みということも言われていてよくわかりません。

他人の関係というのは、第3者からは簡単に判断できない2人にしかわからないものってありますよね。

 

藤原紀香さんは2007年にお笑い芸人の陣内さんと結婚し、2009年に離婚しました。

片岡さんとの出会いは東日本大震災の後、自ら立ち上げたNPO「Smile Please☆藤原紀香 世界こども基金」

という団体の募金活動で、それに片岡さんが賛同していたのが交友するきっかけです。

 

最初はただの友達でしたが、2014年あたりから紀香さんが歌舞伎にハマり

楽屋へ挨拶することもある中で2人の距離が縮まっていったということです。

紀香さんの方が非常に惚れ込んでいたようで

芸の才能、取り組み、そして同じ年、同じ関西出身であることにも好感していて

ブログでも尊敬しているということで報告が昔ありました。

 

熊切さんとは、ちゃんと本人が自覚できるように別れることができていなかったということで

バッシングを受けましたが、31日の会見でやはりそこに触れるのではないでしょうか?

そこがやはり「過去の精算」で今後2人が世間に認められて結婚するには

必要なところだと思います。筆者の予想では会見でしっかり説明すると思います。

交際宣言は2015年8月にブログで2人とも揃って宣言。

今日に至ります。

スポンサーリンク.

藤原紀香さんの美容法

ということで、44歳になっても、誰かに恋をして輝ける藤原紀香さんを非常に尊敬します。

彼女は本当にまるでお人形さんのように美しいです。

そこで彼女の美容法をまとめてみました。

 

1,アミノコラーゲンの常用

昔流行りましたよね。
肌の保湿力が高まり、アミノ酸効果があると言われました。
今もやっているのかな..?

2、空気で高さを変えられる枕

楽天さんにあります。1万円くらいなんですね。

出典:rakuten

3,日本酒風呂

これは有名ですね

4,パワープレートを楽屋へも持ち込み

これは100万円くらいする、とにかく縦にも横にも細かい振動があるもので
筆者が通っているジムにも置いてある、ブームのものです。
人によっては10分のるだけでかなりの代謝アップに。

昔、紀香さんが楽屋に持ち込んでいたという話が…。
あんなに大きい物を..。

過去の情報も含まれますので、今現在はどうなのかは不確定ですが

この4つが有名です。

 

特種なのは酒風呂とパワープレートでしょう。

酒風呂似合いますね…紀香さん。
長澤まさみさんも酒風呂にハマっているという話を一時期聞いたことがあります。

酒風呂の効果は
・保湿効果
・新陳代謝の促進
・シミの改善
・美白効果
・血行の促進
・老廃物の排除
・肩こり腰痛

などと言われています。

酒風呂は、1L入れればいいという説明もありますので

なんだか試してみたくなりました(笑

■関連記事

吹石一恵さんの性格の魅力。日本一モテる男との結婚に繋がった7つの条件から学ぼう(嫉妬じゃなくて)

結婚生活は楽しくない!?妻の55%が嘆く、その原因は?

私結婚できないんじゃなくて、しないんですの原作の感想をまとめてみた

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA