主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

涸沢の紅葉は2015年も期待出来ます!服装の注意点は押さえて是非行こう!

絵葉書のような紅葉が見れる涸沢に、この秋、行ってみようと思っている人に。

計画する前に、ちょっと知ってほしいいろいろなことをまとめてみました。

スポンサードリンク

2015年の涸沢の紅葉を楽しむなら、どんな服装?

涸沢の紅葉は毎年、9月下旬から10月初旬が見ごろです。

今年は秋の始まりの気温が低かったので、紅葉が早く進むのではないか、といわれています。

 

この時期の山は気温が読みにくいので、調節しやすい服装がいいでしょう。

基本は、化繊のアンダーウエアに、化繊の長袖シャツ、それから、風よけになる上着です。
*化繊=化学繊維

上着は気温に応じて、生地の種類や厚さを変えます。

その間に着る、薄いダウンやセーターなどあると体温調節がしやすくなります。

 

さらに、夜、テントなどで寝るときには、シュラフ(寝袋)が必要になります。

これもできれば、3シーズン用よりも、もう少し寒い時期まで使えるものにしましょう。

靴は、涸沢までならトレッキングシューズで大丈夫です。

スポンサードリンク

化繊にこだわるわけは?

登山やアウトドアに慣れている人には常識かもしれませんが、登山の時の服は木綿のものよりも化繊がいいのです。

山登りをしていると気温は低くても、結構汗をかきます。

木綿の肌着などは、汗を気持ちよく吸ってくれるのですが、その反面、汗が肌着にのこり、体温を奪います。

だから、登山の時の肌着は、よく汗を吸い、すぐに乾く、というのが大切です。

ポリエステル系の化学繊維が入ったものを着てください。

アウトドアショップなどで、いろいろと相談に乗ってくれます。

 

涸沢ってどこ?

今更ですが、涸沢ってどこにあるのかご存知でしょうか?

北アルプス、奥穂高岳の中腹にある氷河が削ってできたのが涸沢カールといわれるところです。

 

上高地バスターミナル(長野県松本市)から山道を歩いて、だいたい6時間かかるところにあります。

途中、急なところや足元が不安定な場所もありますが、登山、トレッキング初心者でも登れるコースです。

風景、手軽さからここ数年、秋の紅葉シーズンはとても混みあいます。

 

山小屋もあり、テントの貸し出しなどもありますが、できることなら、休日や休日の前日ではなく、平日がおすすめです。

生で見ると、感動間違いなしと言われている涸沢カール。

この秋、ぜひ、行ってみてください。

最後にあえて紅葉していない時の涸沢の風景の良い動画がありましたので紹介します。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA