主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

桜餅が旬!いつから食べられている?「そんな歴史あるおかしなの!?」

桜が開花しましたね。桜をみるとすっかり春だなぁと感じます。
桜の季節の旬といえば桜餅。ZIPでは桜餅ぼうしも話題になりました。
ところで桜餅はいつから食べられているのでしょう?一年中買えるのでしょうか?そんな疑問から桜餅のことを調べてみようと思います。

スポンサードリンク

桜餅が旬!いつから食べられている?

歳のせいか桜餅といった和菓子が非常においしく感じるこの頃です。
桜餅にはどんな歴史があるのでしょうか?見てみましょう。

桜餅の歴史

桜餅には実は種類が2つあります。「関東風」と「関西風」です。関西風の桜餅は道明寺とも呼ばれ、関東でもこちらの方が好きだという人も多いですね。
関東風の桜餅が作られたのは江戸時代。享保2年のことです。1718年ですから約300年前となります!長命寺の門番であった山本新六は、桜の落ち葉を何かに使えないかと考え、桜の葉を塩漬けにして桜餅を考案。門前で売り始めました。薄く焼いた皮にこしあんをくるまれているのが特徴です。こちらは長明寺とも呼ばれています。

一方関西風の桜餅は、蒸したもち米を乾燥させ、粗挽きした道明寺粉というもので作られています。つぶつぶとした食感でおまんじゅうのような形が特徴です。道明寺粉は大阪の道明寺で作られたことからその名がつきました。戦国時代から、武士の携帯食として作られていたようです。それが、「京」で和菓子に使われるようになり、現在の桜餅が作られたといわれています。

桜餅の旬は?いつ買える?

桜餅は和菓子なので旬と言ってもピンとこないかもしれません。しかし、和菓子店ではある季節にしか置いていません。
それは、春。だいたい3月〜4月に作られることが多いです。特に3月には、ひな祭りがあり、その日に合わせてたくさん売られるようです。スーパーでも、3月3日に近づくと大量に目につきますよね。
だから、桜餅の旬は春。特に3月の初め頃ではないでしょうか。
だからといって春にしか買えないわけではありません。スーパーなどに行けば一年中売られています。桜餅ファンとしては嬉しい限りです。

またgoogleの検索需要を見ても明らかなのが、「3月の初週」と「桜開花」の時期のみ検索がグっと増えているのが分かりますね。
やはりこの時期に売れるわけで、旬なのであります。

スポンサードリンク

桜餅の反応

ネットでも桜餅のこだわりについてやりとりがたくさんされています。ネットの反応を見てみましょう。

「和菓子が好き。この季節だと桜餅とか」
「頭に乗せてる桜餅、可愛すぎる!」
「和菓子は好きだけど、桜餅は嫌い!」
「葉っぱを剥がして食べるのも好き好きだからね」
「関東に住んでるけど道明寺派かな」
「桜餅の塩漬けの葉っぱが好き!」
「そんな歴史あるおかしなの!?」
「桜の香りって好きじゃないんだよな。桜餅とか」
「桜餅どころか和菓子は全部食べれない」
「花見してたら桜餅もらった!嬉しい」
「そう言えば今年まだ桜餅食べてない」
「桜餅もいいよね。季節的に食べ頃じゃない」
「春だし、桜餅食べたい」

出典:https://search.yahoo.co.jp/realtime

やはりこの季節といえば桜餅ですよね。私は桜餅が好きなので春でなくとも食べますが、やっぱり春に桜を見ながら食べたいです。
今年はひな祭りにしか食べてないので恋しいです。
普段何気なく食べている桜餅。もっと最近のお菓子だと思っていたらこんな昔からあるだなんて、驚きました。それだけ長く愛され続けているということですね。さすがは桜餅です。なんだかとても桜餅が食べたくなってきました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA