主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

東京ラブストーリーの25年後続編が泥臭くて本当に良かった!

東京ラブストーリー世代の主婦も多いことでしょう。

「カンチ、xxxxしよ!」で一斉を風靡したドラマですが

この歳で、25年後を読み切り出来るなんて、本当に本当に感無量です。

ファンとしては涙が出そうなところで、本当に久しぶりに涙目になりました。

柴門ふみさんありがとう!  って旦那さんて島耕作の作者さんだったんですね。

スポンサーリンク.

東京ラブストーリーの25年後の泥臭さに涙

東京ラブストーリーに関わらず誰もが青春を通ったものです。

あのころは未来が輝いていて、絶対に自分は素敵な大人になると信じていた。

カンチとリカは、視聴者に青春っていいな~と

夢を与えてくれたものでした。

あそこまでいかなくとも

一般人の筆者にも、ちょっとは甘酸っぱい青春はあったものです。

 

あれから25年(綾小路きみまろみたいですね…)

必死にLADYを保とうと頑張っている筆者ではありますが

カンチはもう50代です。

*多少ネタバレ入りますのでご了承ください。

 

東京ラブストーリーは1991年大ヒットしたドラマ。

最終回は視聴率32.3%を記録した、当時の若者に絶大な支持を得たドラマです。

最終回は結ばれずに終わった二人が

25年再開するといった設定で

今回の続編があったのです。

スポンサーリンク.

東京ラブストーリーの25年後に涙の理由は意外

いい歳して、コンビニでスピリッツを立ち読みしてしまいました(笑

これはどうしても気になって、恥ずかしさよりも好奇心が勝ってしまいました。

 

正直前半は、「ん??」と思いましたよ。

なんというか、あまりにも地味過ぎる25年後

織田裕二が演じたカンチが、かなり見た目はしょうがないとしても

オーラがあまりいい感じではなくて。

ダメリーマンになっていないかとリカにも言われていて、

転職に失敗して、妻に支えられながらどうにか

民間の教頭先生という職につけたのですが

自分をダメリーマンと自覚していたのでした。

 

ある意味、現実はこんなもの、と突きつけられたような

現実感と、絶望感を少し感じてしまいました。

 

しかし、それはそれで良いと読み進めるうちに感じるようになりました。

・子供がポイント

・リカの思いが子供にまで伝わっていたこと

・リカが女手一つで、変わらないキャラで今まで頑張っていたこと

・リカがカンチに伝えたかった唯一のこと

まとめ方がさすが有名脚本家だと思いました。

なんとも言えない気持ちにさせてくれて

この続きを読みたいと思いました。

 

twitterでもやはりこの世代の方々が感想をつぶやいています。

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

こういう企画っていいですね。。

 

他の方もおっしゃるとおり、主人公2人はまだ現役ですから(鈴木保奈美さんまだやってますよね?)

実写版出来るのでは??

やってほしいですねえ。涙がでそうです。

■関連記事

学校へ行こう!サオリやミホ、だぜが懐かしすぎる!感想をまとめと視聴率は!?

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA