主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

末端冷え性で夜も眠れない!手足を必死で温める人の盲点はここに!

夜も眠れないほど手足が冷たくなる末端冷え性、つらいですよね。

エアコンの暖房では空気が乾燥してしまうし、手足だけを温めるのも大変です。

眠れない程のこの冷えをどうにかする方法はないのでしょうか?

スポンサードリンク

末端冷え性で眠れない人は、お腹と首を暖めて

冷え性の人はその部分を温めることに必死ですが

実は盲点になっているものがあります。

それが内臓

 

内臓が冷えていると、体は生きるために必要な内臓の保温を重視し、

手足の先の保温は二の次になります。

そのため、手足が冷えてしまうのです。

 

血液はひたすら内臓に行きますので、手足に血液は回らなくなります。

お腹を温めてあげて、内臓に血液が十分であれば血液は

指先などにも回ってくるでしょう。

ですのでまずはお腹を冷やさないようにこころがけてみましょう。

 

腹巻、最近はボディウォーマーともいいます、これは非常に効果的です。

筆者もイメージ的に昭和のお父さんがやっているダサイ腹巻きという

抵抗感があったのですが、ユニクロにも普通にセンスの良い物があったので

一度してみたら、とても体の奥からぽかぽかしてきましたし

そういえば通常の生活ができました。

その後、妊娠の時に多用するようになったのは筆者だけではないと思います。

探せば、シルクのものや、見た目がお洒落なものも出回っています。

妊娠に関わらずしてみると効果的だと思いますよ。

 

また、首を暖めるのも効果的です。

マフラーやショールをまいたり、首を暖めるカイロやネックウォーマーといった商品もたくさんでています。

タオルを首に巻いているだけでも違いますが、LADYのすることではありません。

外にでるときにタオルをしたまま出たりしたらおばさん確定です(笑

ためしてガッテンで紹介されていた冷え性対策

NHKのためしてガッテンでも末端冷え性の対策を放送していました。

それによりますと(http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20151223.html)

・たんぱく質をとる

体の中で熱を作り出すためにはたんぱく質が必要です。
男性成人では60g、女性成人では40gが1日必要なたんぱく質の量です。

・肩までしっかり入浴する

・首を保温する

・ゆっくり深呼吸

新しく暖房器具を買う必要もなく、体を動かしたり、

動かすための栄養をとりいれることで、冷え性が改善するなんて、とても経済的な発想ですね。

スポンサードリンク

体を暖める食べ物を

たんぱく質以外にも、東洋医学の考え方では体を暖める食べ物、冷やす食べ物という分類があります。

それぞれ、陽性、陰性と呼びます。

 

陽性の食べ物には、生姜、ネギ、ニンニク、ゴボウなどがあります。

煮物に使うとおいしそうですね。

 

陰性の食べ物には、トマト、きゅうりなどがあります。

サラダにすると、おいしいのですが、生で食べるより、加熱して食べたほうが冷え性対策になります。

 

砂糖やスナック菓子も陰性にはいります。

冬に旬を迎え、昔から食べられているものは、陽性のものが多いので、

季節の旬のものを食卓に取り入れることで、末端冷え性が改善できるかもしれませんね。

ということで、末端冷え性の方は、まずは内臓を温めることから

始めることで変わってくると思いますので試してみてください。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA